レシピサイトNadia
    主菜

    【鶏むね肉と高野豆腐で作るタンドリーチキン】節約/かさまし

    • 投稿日2024/04/10

    • 更新日2024/04/10

    • 調理時間15

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安400

    • 冷蔵保存-

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    高野豆腐って普段どうやって食べてますか。今回は鶏むね肉とドッキングさせて、タンドリーチキンを作ってみました。高野豆腐の食感がまさにお肉!びっくりするうまさにヤミツキになる一品です。

    材料4人分

    • 鶏むね肉
      1枚(350〜400g)
    • 高野豆腐
      65g
    • 新玉ねぎ
      1玉(200g)
    • A
      コンソメ顆粒
      大さじ1/2
    • A
      カレー粉
      大さじ1
    • A
      パプリカパウダー
      小さじ1/2
    • A
      マヨネーズ
      大さじ2
    • A
      ケチャップ
      大さじ1
    • A
      おろししょうが
      小さじ1
    • A
      おろしニンニク
      小さじ1
    • A
      米粉
      大さじ5
    • A
      片栗粉
      大さじ3
    • A
      お湯
      1/3カップ(65ml)
    • 米粉
      適量
    • ガーリックソルト
      少々
    • サラダ油
      大さじ5〜6
    • 乾燥パセリ
      適量

    作り方

    ポイント

    高野豆腐は予めお湯で戻して絞ってから、細かくちぎっても良いです。 成形する時、しっかりと形作ることでバラバラになることを防げます。 成形の形はお好みの形で良いです。 米粉は薄力粉や片栗粉で代用できます。 ガーリックソルトがない場合は、通常の塩コショウで代用できます。

    • 鶏むね肉は5mm程度の角切りに切る。 高野豆腐は2〜3mm程度の角切りに切る(粉状にしてもよい) 新玉ねぎはくし切りに切る。

    • 1

      ボウルに鶏むね肉と高野豆腐、A コンソメ顆粒大さじ1/2、カレー粉大さじ1、パプリカパウダー小さじ1/2、マヨネーズ大さじ2、ケチャップ大さじ1、おろししょうが小さじ1、おろしニンニク小さじ1、米粉大さじ5、片栗粉大さじ3、お湯1/3カップをいれお湯を加え高野豆腐が柔らかくする。

      工程写真
    • 2

      全体をしっかりと混ぜる。

      工程写真
    • 3

      4等分に分け、俵形に成形する。

      工程写真
    • 4

      米粉を塗す。

      工程写真
    • 5

      フライパンにサラダ油を入れ、⑤を投入し中火で焼く。

      工程写真
    • 6

      狐色になったらひっくり返し、新玉ねぎを投入し炒める。

      工程写真
    • 7

      新玉ねぎがしんなりしたら、最後にガーリックソルトを振りかける。

      工程写真
    • 8

      お皿に盛り付け、乾燥パセリを散らす。

      工程写真
    レシピID

    481140

    質問

    作ってみた!

    こんな「タンドリーチキン」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「鶏むね肉」の基礎

    「鶏肉」の基礎

    「高野豆腐」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    うさまる
    • Artist

    うさまる

    • 野菜ソムリエ
    • 食育インストラクター

    毎日の食卓を楽しく!! 4人の子ども(9,7,5,3歳)を持つ母です。 生まれも育ちも福岡県!海と山に囲まれ、のびのびとした毎日を過ごしています。 気づけば・・・ 子どもが4人!しかも2歳差!しかも~全員6月生まれ!! 大食感で偏食が多く、更には度重なる妊娠・重度の悪阻から様々な工夫を駆使し色んな料理を作ってきました。 子どもが4人になったことから、食費を見直し月4万円をいう枠で日々切磋琢磨しています。でも、節約するとちょっと寂しい食卓になりがち・・・ そこを!節約してる感がないような面白くて栄養満点のご飯を目指して日々奮闘しています。 日々のご飯は作るのも大変だけど、献立を考えるのがいちばん苦労する…年々食料品の値段が上昇し家計を圧迫していますが、その中でもクスッと笑える一品、あと一品ほしいというときに助かるレシピなどをお届けしていけたらなと思っています。 元公認会計士/オンラインフードクリエイター

    「料理家」という働き方 Artist History