レシピサイトNadia

    バレンタインに♪【ザッハトルテ風ガトーショコラ】

    デザート

    バレンタインに♪【ザッハトルテ風ガトーショコラ】

    お気に入り

    171

    • 投稿日2019/02/13

    • 調理時間60

    濃厚なガトーショコラにチョコレートコーティングをした本格スイーツです。 いつもよりリッチなガトーショコラにしたくて、ウィーンで食べたザッハトルテを思い出しながら作りました。

    材料パウンド型1本分

    • バター
      70g
    • チョコレート
      150g
    • 2個
    • 砂糖
      80g
    • 薄力粉
      40g
    • くるみ
      50g
    • 砂糖
      40g
    • 35g
    • ココア
      20g
    • ダークチョコレート
      100g
    • ラム酒
      お好みで小さじ1
    • 生クリーム
      120ml
    • サラダ油
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    ★チョコレートコーティングは空気が入らないように優しく混ぜ、ガトーショコラの粗熱がしっかりとれてからかけます。 ★チョコレートコーティングはあまりますが、冷蔵庫で10日間ほど保存ができます。ケーキポップのデコレーションなどにも使えます♡

    • 1

      オーブンを180℃に予熱する。型にクッキングシートを敷く。くるみは砕いておく。

      工程写真
    • 2

      チョコレートを砕いてボウルに入れ、バターとともに湯煎して溶かす。

      工程写真
    • 3

      卵を卵白と卵黄に分ける。卵白のほうに砂糖の半量(40g)を2回に分けて加えてメレンゲにする。

      工程写真
    • 4

      卵黄に残りの砂糖(40g)を加えて白っぽいクリーム状になるまで泡立てる。

      工程写真
    • 5

      湯煎したチョコレートとバターを加えて泡だて器で混ぜる。

      工程写真
    • 6

      メレンゲと薄力粉を交互に3回に分けて加え、その都度ゴムベラでさっくりと混ぜる。

      工程写真
    • 7

      8割くらいまざったら砕いたくるみを加えてさっくり混ぜる。

      工程写真
    • 8

      型に流しいれてトントンと数回おとして空気を抜き、180℃に予熱したオーブンで40分程度焼く。

      工程写真
    • 9

      チョコレートコーティングを作る。ボウルにダークチョコレートを砕いて入れる。

      工程写真
    • 10

      鍋にグラニュー糖と水を加えて弱火にかけ、ゆすりながらグラニュー糖を完全に溶かす。

      工程写真
    • 11

      ココアを加えて泡だて器で均一になるようによく混ぜる。

      工程写真
    • 12

      ラム酒を加える。

      工程写真
    • 13

      生クリームを加えて混ぜる。

      工程写真
    • 14

      濾しながらボウルに入れたダークチョコレートと混ぜ合わせ、溶かすようにそっと混ぜる。

      工程写真
    • 15

      サラダ油を加えて混ぜる。

      工程写真
    • 16

      粗熱がとれたガトーショコラに、全体が均一になるようにかける。冷蔵庫で一日冷やして固めたら完成!

      工程写真
    レシピID

    319594

    「オーブン」の基礎

    「チョコレート」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    ガトーショコラ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    アンナのキッチン
    Artist

    アンナのキッチン

    料理ブログを配信するドイツ在住の料理ブロガー。食生活アドバイザー。 「手作りごはんのある暮らし」をモットーに、世界中でできる手作りごはんのある暮らしを叶えるアイディアレシピを発信しています。 生物学研究に従事していたときの専門学的知識や、農産食品メーカーでの勤務経験、食生活アドバイザーの資格を活かし、海外食材で作る日本食や世界各国の創作家庭料理を得意としています。 お料理教室「アンナのキッチン」を主宰する他、企業のレシピ開発、メディアへの記事執筆、ドイツ各地で日本の家庭料理のプロモーションを行っています。

    「料理家」という働き方 Artist History