台湾夏スープ・パイナップルと白ゴーヤーの鶏肉スープ(動画)

50

2018.08.23

分類汁物

調理時間: 50分

ID 342023

我が家の台湾料理

我が家の台湾料理

パイナップルの甘み、ゴーヤーの苦味、鶏肉の脂で染み込んだスープは、台湾家庭でよく食べられます。味は薄めで、夏でも飲みやすい味です。

    材料4人分
    A
    鶏ガラ 200g
    B
    白ゴーヤー 1本
    C
    骨なしもも肉 1枚
    D
    生姜スライス 2-3枚
    E
    パイナップルの漬物(蔭鳳梨) 大さじ2
    作り方
    Point!
    パイナップル漬物は塩辛いので、動画では塩入れてません。味が薄いと思ったら、塩や鶏ガラの素で自由に調整してね!
    パイナップルの漬物なかったら、新鮮なパイナップル半分、豆板醤大さじ1、干し小魚大さじ1で代替しましょう!
    1. B

      白ゴーヤー 1本

      は縦で半分切って、スプーンで苦味のあるワタの部分を取り除きます。さらに一口に切っておきます。
    2. E

      パイナップルの漬物(蔭鳳梨) 大さじ2

      をメインの調味料として使います。この調味料は蔭鳳梨(インフォンリー)と言います、パイナップル、豆麹、塩と砂糖を一緒に瓶に詰めて常温発酵させた漬けものです!今日はE

      パイナップルの漬物(蔭鳳梨) 大さじ2

      大さじ2を使いますので、先に小さく切っておきます、パイナップル漬物に入ってる汁も大さじ2使います。
    3. A

      鶏ガラ 200g

      をスープのダシとして使いますので、お水と一緒に加熱して、軽く湯通ししてから、綺麗に洗います。この作業は臭みといらない脂が取れます。
    4. A

      鶏ガラ 200g

      以外に、C

      骨なしもも肉 1枚

      も使います。
      鶏ガラ使わない場合は骨つきのもも肉をそのまま使えばいいですが、骨なしの鳥もも肉が食べやすいので、まず鶏皮の面から両面焼いてから、一口大に切っておきます。
    5. 鶏肉が十分焼き色着きましたら、B

      白ゴーヤー 1本

      も入れて炒める、そして大きめの鍋にD

      生姜スライス 2-3枚

      と全部の材料を入れて、弱火で30分程度煮こみます。(電鍋持ってる場合はここから電鍋に入れて40分煮込みます、電鍋は時間ちょっと増やして煮込む)
    6. 30分煮込んだら、ゴーヤーが少し透明になってきたら出来上がりです、塩は自由に調整します、本来台湾のスープは味が薄めなので、日本人には味足りないと感じるかもしれません、鶏だしの素など少し入れてもいいと思います。
    6 27
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「白ゴーヤ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。