Nadia公式アプリ
お気に入り・ランキングがすべて無料

ワインと楽しむブッフ・ブルギニオン

-

2014.02.04

分類

調理時間:

小野 孝予

Takayoの家庭料理 そして時々チーズとワイン

仏語のブッフは「牛」、ブルギオンは「ブルゴーニュ」の意。牛肉のブルゴーニュ風煮込みは代表的なフランス家庭料理です。牛肉をワインに漬け込んでから煮込むので、コクがあってとても柔らか。ブルゴーニュ産のワインがあれば、豪華なディナーになります。

シチュー 洋風鍋 圧力鍋 おもてなし 牛肉 世界各国の料理 ホーロー鍋 記念日

このレシピをブログで紹介する

材料(4人分)
牛肉(すね、バラ) 600~800g
赤ワイン 500ml
ペコロス(小玉ねぎ) 12個
ミニキャロット 8個
セロリ 1本
にんにく 2片
ローリエ 2枚
フォンドボー(固形) 1個
500ml
適量
こしょう 適量
オリーブオイル 大さじ2
フレッシュローズマリー 適宜
作り方
Point!
漬け込むワインは赤ワインなら何でもOKですが、本格的にしたい時はブルゴーニュ産のワインを使って下さい。
  1. 牛肉は余分な筋や脂を取って、5~6cmの大きさに切る。ペコロスは皮をむき、ミニキャロットは大きいようなら2等分にする。セロリは3~4cmの長さ、にんにくは皮をむいて叩きつぶす。
  2. バットに赤ワインと1の材料、ローリエを入れ、一晩漬け込む。
  3. 牛肉はバットから取り出して水気を切り、両面に塩、こしょうする。オリーブオイル大さじ1を熱したフライパンで焼き、一度取り出す。
  4. 鍋に残りのオリーブオイルを熱し、ワインから引き上げた野菜類を炒める。そこへ3の肉を戻して漬け込んでいたワインを入れ、半量になるまで煮詰める。
  5. フォンドボーと水を加え、沸騰したら弱火にして時々アクを取り、牛肉が柔らかくなるまで2~3時間煮込む。ローリエを取り出し、塩、こしょうで味を整える。食べる時に器に盛り、あればフレッシュローズマリーを飾る。
  6. ワインを合わせるなら、ブルゴーニュ産の赤ワインを。
    もしくはブルゴーニュ産赤ワインと同じ種類のピノ・ノワール種のぶどうで造られたワインがお勧め!
コメント Recipe Comment
コメントを書く

コメントをするにはログインが必要です

似たレシピをさがす Similar Recipe

おもてなし×みりん (8) シチュー×魚介のおかず (3) ホーロー鍋×鶏ささ身 (3) 世界各国の料理×鶏手羽先 (3) 圧力鍋×鶏肉料理 (3) 洋風鍋×豚肉薄切り (3) 牛肉×黒こしょう (3) 記念日×黒ごま (3)
もっと見る

関連記事 article

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents