プロ料理家のレシピ数:31,436レシピ

ワインと楽しむブッフ・ブルギニオン

  • 2014.02.04

  • 113374
    ワインと楽しむブッフ・ブルギニオン
    ワインと楽しむブッフ・ブルギニオン

    コメント

    仏語のブッフは「牛」、ブルギオンは「ブルゴーニュ」の意。牛肉のブルゴーニュ風煮込みは代表的なフランス家庭料理です。牛肉をワインに漬け込んでから煮込むので、コクがあってとても柔らか。ブルゴーニュ産のワインがあれば、豪華なディナーになります。

    材料(4人分)

    600~800g
    500ml
    12個
    8個
    1本
    2片
    2枚
    1個
    500ml
    適量
    適量
    大さじ2
    適宜

    作り方

    1

    牛肉は余分な筋や脂を取って、5~6cmの大きさに切る。ペコロスは皮をむき、ミニキャロットは大きいようなら2等分にする。セロリは3~4cmの長さ、にんにくは皮をむいて叩きつぶす。

    2

    バットに赤ワインと1の材料、ローリエを入れ、一晩漬け込む。

    3

    牛肉はバットから取り出して水気を切り、両面に塩、こしょうする。オリーブオイル大さじ1を熱したフライパンで焼き、一度取り出す。

    4

    鍋に残りのオリーブオイルを熱し、ワインから引き上げた野菜類を炒める。そこへ3の肉を戻して漬け込んでいたワインを入れ、半量になるまで煮詰める。

    5

    フォンドボーと水を加え、沸騰したら弱火にして時々アクを取り、牛肉が柔らかくなるまで2~3時間煮込む。ローリエを取り出し、塩、こしょうで味を整える。食べる時に器に盛り、あればフレッシュローズマリーを飾る。

    6

    ワインを合わせるなら、ブルゴーニュ産の赤ワインを。
    もしくはブルゴーニュ産赤ワインと同じ種類のピノ・ノワール種のぶどうで造られたワインがお勧め!

    ポイント

    漬け込むワインは赤ワインなら何でもOKですが、本格的にしたい時はブルゴーニュ産のワインを使って下さい。

    このレシピのコメントや感想を伝えよう!

    作ってみたお料理の写真をアップ

    似たレシピをキーワードからさがす

    関連記事

    ページの先頭へ

    最近見たレシピ