レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

オウチで飲み会♪ホッピー横丁風♪たっぷり野菜のモツ煮込み

主菜

オウチで飲み会♪ホッピー横丁風♪たっぷり野菜のモツ煮込み
  • 投稿日2020/12/16

  • 調理時間90

ネットの飲み会をやる際にも、おうちで飲み会するにも、このもつ煮込みはお勧めです。 浅草のホッピー横丁は一年に何回か行きたくなるお店。 気軽に立ち寄ることも出来るので、スペインのバル感覚で立ち寄らせて頂いてます。 お勧めはイチオシはモツ煮込みです。 お店にもよるのですが、お豆腐を入れたものや無いものがあるのですが、 お豆腐に染み込んだモツの独特の香りと味は食材にすべてを染み込ませたいという発想で 野菜を多めにして水切りをしっかりさせたお豆腐も入れました♪ 美味しいお酒のお供に」ぜひおすすめです。 また、お子さんもご飯のおかずとしてお勧めです。

材料4人分

  • 豚のモツ
    450-500g
  • 沸騰した湯
    1400cc
  • 大根
    15cm約400g
  • コンニャク
    200g
  • 人参
    1本
  • ゴボウ(泥つき)
    1本
  • 木綿豆腐
    一丁
  • A
    みりん
    大さじ2
  • A
    てんさい糖
    大さじ1
  • A
    日本酒
    大さじ1
  • A
    しょう油
    大さじ7
  • A
    信州味噌
    30g
  • A
    牡蠣ソース
    大さじ1
  • A
    かつお顆粒
    小さじ1
  • A
    2カップ
  • B
    長ねぎ
    1/2本(みじん切り)
  • B
    ニンニク
    3片(みじん切り)
  • B
    生姜
    大さじ2(みじん切り)

作り方

ポイント

下処理は丁寧に。 じっくりと弱火で煮込むこと 愛情を注ぎながら作ってくださいね♪

  • 豚のモツは沸騰した湯500ccで5分ほど煮てゆでこぼす。 これを3回行う。 冷水で洗いザルにあけて使うまで置いておく。

    工程写真
  • 1

    ・木綿豆腐はクッキングペーパーにくるみ600Wの電子レンジ1分半加熱して3~5枚重ねたパッドを重石にして水気を切る。

    工程写真
  • 2

    ・大根は薄く皮を剥いていちょう切りに切る。 ・人参は皮を剥いて半月に切る。 ・コンニャクは一口大にちぎり沸騰した湯の中に入れて茹でこぼしてザルにあける。 ・ゴボウ(泥つき)はタワシ等で皮をこそげ落とし4cmの長さに細く乱切りに切る。

    工程写真
  • 3

    ①鍋に米油大さじ3入れてB 長ねぎ1/2本(みじん切り)、ニンニク3片(みじん切り)、生姜大さじ2(みじん切り)を弱火で5分じっくりと炒める。 ②コンニャクを加え1分炒める。 ③大根、人参、ゴボウ、下準備しておいたモツを入れて混ぜる。 A みりん大さじ2、てんさい糖大さじ1、日本酒大さじ1、しょう油大さじ7、信州味噌30g、牡蠣ソース大さじ1、かつお顆粒小さじ1、水2カップのてんさい糖を加え1分混ぜ、日本油、みりんを加え1分混ぜ、しょう油と信州味噌、かつお顆粒、水を入れて蓋をして弱火で40分煮込む。

    工程写真
  • 4

    悪を取りながら40分煮込んだら、水切りを下豆腐を入れ、20分蓋を開けて水分が半分に減るまで煮込んだら完成です。

    工程写真
レシピID

403037

コメント

送信

関連キーワード

大根の煮物」「野菜のおかず」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

吉村ルネ
Artist

吉村ルネ

低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング料理研究家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々の賞を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

「料理家」という働き方 Artist History