レシピサイトNadia
    副菜

    シンプルにおいしい♪ 焼き白菜のカリカリベーコンのせ

    • 投稿日2020/12/09

    • 更新日2020/12/09

    • 調理時間5

    うまみがギュっと詰まった寒い時期の白菜は、シンプルに焼いてちょっといいお塩とパルメザンチーズをかけるだけでもごちそう感がでます。大きいサイズで焼いてナイフでカットしながらいただくと、白ワインのおつまみにもぴったりです。熱々のうちにどうぞ♡

    材料2人分

    • 白菜
      1/4個(小さめのもの)
    • オリーブオイル
      適宜
    • 少々
    • ベーコン
      1〜2枚
    • 粉チーズ(パルメザンチーズ)
      適宜
    • ピンクペッパー
      少々(粗挽き胡椒でもOK)

    作り方

    ポイント

    *白菜は芯のほうから包丁で切れ目を入れ、そのまま手で裂くようにカットします。 *焼く時はあまり触らないようにすると、綺麗な焼き目がつきます。 *おしゃれなスキレットなら、そのまま食卓に出してもOKです。

    • 1

      白菜を縦半分にカットして、縦1/8切のサイズにする。 ベーコンは角切りにする。

    • 2

      スキレット(フライパン)にオリーブオイルを熱して、1の白菜を入れる。

      工程写真
    • 3

      塩をふって、中火で焼き付ける。空いているスペースでベーコンをカリカリに焼く。

      工程写真
    • 4

      全体に焼き目がついて芯の部分が透き通ってきたら、お皿にとって、粉チーズ(パルメザンチーズ)をふりかけ、ピンクペッパーを指でつぶしながらかける。

      工程写真
    レシピID

    402822

    質問

    作ってみた!

    こんな「白菜」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「白菜」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    タナカトウコ
    • Artist

    タナカトウコ

    広告会社勤務を経て、現在はフードプロデューサーおよびライターとして活動。企画プロデュース、コンサル、レシピ開発、コラム執筆の他、アート・野菜果物・食育を融合したワークショップ等もゆるやかに開催。モットーは「かわいく、たのしく、おいしく、ヘルシー」。野菜ソムリエプロ、漢方カウンセラー、養生薬膳アドバイザー等の資格を合わせ持つ。書籍に「毎日おいしいトマトレシピ」「日本野菜ソムリエ協会の人が本当に食べている美人食」「旬野菜のちからー薬膳の知恵から」等がある。

    「料理家」という働き方 Artist History