レシピサイトNadia
    主食

    『炊き込みえびピラフ』えびがプリっと♪炊飯器で本格!

    • 投稿日2023/08/28

    • 更新日2023/09/01

    • 調理時間20(炊飯時間を除く)

    大ぶりのえびがごろっと贅沢なピラフレシピです🍤✨ えびはバターで軽く焼いてからさっと蒸し焼きにして、炊き上がったピラフに加えることで、プリップリの食感に♡ また、えびの旨みが溶け出たバターで野菜を炒めることで、ご飯にえびの風味がうつり、美味しいピラフに炊き上げます✨ やさしい味わいで食べやすく、子どもたちもたくさんおかわりしてくれました😋 #お弁当 #炊飯器

    材料4人分

    • 2合分(300g)
    • 冷凍えび(殻付き)
      15尾(約240g)
    • 玉ねぎ
      1/4個(約50g)
    • にんじん
      1/3本(約50g)
    • マッシュルーム
      3〜4 個
    • ピーマン
      1/2個(約18g)
    • 少々(えびの下味)
    • 白ワイン
      小さじ1(酒でもOK)
    • バター(無塩)
      20g
    • みりん
      小さじ2
    • A
      鶏がらスープの素(顆粒)
      小さじ2と1/2
    • A
      小さじ1/2程
    • ローリエ
      1枚

    作り方

    ポイント

    ☑︎白ワインがない場合は、酒で代用できます。 ☑︎殻付きで大きめのバナメイエビを使用しました。塩と片栗粉をもみ込み、水でよく洗い流すことで、えびの表面の汚れや臭みが取れます。 ☑︎えびを焼いた後に残ったバターで、野菜を続けて炒めます。 ☑︎エビは炊き上がってから加えることで硬くなりくく、プリっとした食感を楽しめます。 ☑︎鶏がらスープは無添加で優しい味わいのものを使用しています。コンソメで代用する場合は、味わいが濃いものもあるので塩分の量を控えるなど調節してください。(コンソメを加えて溶かしたときに少し味見をすると良いかと思います^^)

    • ・冷凍えび(殻付き)は解凍して殻をむき、塩(小さじ1/2・分量外)、片栗粉(小さじ1・分量外)の順にその都度よくもみ、水でよく洗い流す。水気を拭き取っておく。 ・米は洗っておく。

    • 1

      ・玉ねぎとにんじんはみじん切りにする。 ・マッシュルームは薄切りにする。 ・ピーマンは種を取り除き、みじん切りにする。 ・えびの両面に軽く塩をふる。

    • 2

      フライパンを中火で熱してバター(無塩)を溶かし、えびの表面を色が変わる程度にさっと焼いたら裏返し、白ワインを回しかけて蓋をする。そのまま中火で20〜30秒蒸し焼きにし、えびを別皿に取り出す。

      工程写真
    • 3

      2のフライパンを中火で熱し、玉ねぎとにんじん、マッシュルームをしんなりするまで炒める。

      工程写真
    • 4

      炊飯釜に水気を切った米とみりん、2合より少しすくなめに水を入れ、A 鶏がらスープの素(顆粒)小さじ2と1/2、塩小さじ1/2程を加えてよく混ぜる。その上に3の野菜とローリエをのせて普通モードで炊飯する。

      工程写真
    • 5

      炊き上がったらローリエを取り出し、ピーマンとえびを加えて再度蓋を閉め、3〜4分蒸らす。全体をよく混ぜ合わせて器に盛り付ける。

      工程写真
    レシピID

    127997

    質問

    作ってみた!

    「ピラフ」の基本レシピ・作り方

    こんな「ピラフ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「マッシュルーム」の基礎

    「えび」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    tomoko
    • Artist

    tomoko

    料理家

    【野菜が好きになる♪栄養満点レシピ】 \食べ盛りの子どもたちに/ 体に優しい!野菜とお肉の満腹おかず🍚🥢 気づいたら野菜好き♪苦手野菜の克服にも✨ ---プロフィール--- 息子(10才)と娘(6才)の母。愛知県在住。 2014年からNadia artist として活動を始める。 『父の日の、スタミナ肉レシピコンテスト』にてグランプリ受賞、monthly MVP で編集部賞受賞。 Naidaコラム執筆や企業のレシピ開発、レシピ本(Nadia magazine、なつかし洋食 あかぬけ中華 一生好きな町中華等)への掲載など。 大好きな野菜を毎日飽きずに美味しく、家族にまた食べたい!と言ってもらえるようなレシピをInstagramやブログで発信中。

    「料理家」という働き方 Artist History