レシピサイトNadia
    • 公開日2017/05/17
    • 更新日2017/05/17

    【必見!】ツナ缶はひき肉として使えるかもしれない件

    まとめ買いしてストックしやすいツナ缶。サンドウィッチの具にしたりサラダに入れたりするのが定番の使い方でしょうか。でも、それだけじゃなく、味もしっかりしていて食べ応えもあるので、もしかしたらお肉の代用になるかもしれない!?ということで、3つのレシピでツナ缶の活用法をご紹介します!

    このコラムをお気に入りに追加

    37

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    【必見!】ツナ缶はひき肉として使えるかもしれない件

     

    ツナ缶には実はいろんな種類があります

    ツナ缶といっても実はいくつかタイプがあるのをご存じですか?

    まずは原材料の魚の種類について。

    主に使われているのがビンナガやキハダなどの「まぐろ」。ビンナガは淡白なお味で、ちょっとお値段高めのツナ缶に使われます。

    もうひとつ使われる魚は、「かつお」。かつおのツナ缶は、より手頃なお値段で売られていることが多いですよ。

    次に、ツナの調理方法にも違いがあります。油漬けや油とスープで漬けたもの、オイル無添加の水煮など。あっさり食べたいときはオイル無添加、などお好みで選ぶといいですね。

    それから、形状もいろいろ。フレークタイプや塊のものも。

    種類もさまざまなツナ缶は、まとめ買いしてストックしやすすく、和え物やトッピングなどにパッと使えてとっても便利。

    今回はそんな「手軽な食材」としてのツナ缶にクローズアップして、お肉の代用として新たな使い道を探るのが目的!どんなタイプのものでも自由に使って問題ないレシピをご紹介しますね。

     

    ツナ缶の種類はなんでもOK!お肉の代わりにツナ缶を使ったレシピ3選

     

    簡単作り置き「ツナそぼろ」の作り方

    作り置きにピッタリなそぼろをツナ缶で作りましょう!

    ひき肉で作るよりもコクのあるしっかりした印象の仕上がりになります。ツナ缶の液ごと入れて使用します。油漬け以外のものの場合は、炒める際に少しサラダ油などを加えると扱いやすくなります。

    【材料(作りやすい分量)】

    ツナ缶 140g(内容量70gのもの2缶)
    A 砂糖 小さじ2
    A しょうゆ 小さじ2
    A 酒 小さじ2
    A みりん 小さじ2

    【作り方】

    1. フライパンにツナ缶を液ごと入れて、中火にかける。
    ☆火にかけてからツナ缶を入れると油や水分が飛ぶことがあるので、フライパンに入れてから点火しましょう。
    2. 水気がほとんどなくなるまで炒める。
    3. Aを加えて更に水気を飛ばす。

    冷蔵で1週間ほど保存できます。いりごまを加えるとさらに風味アップ!

    きゅうりなどの野菜を和えたり、三色丼にしてもいいですね。

    くわしいレシピはこちら
    https://oceans-nadia.com/user/13780/recipe/158358

     

    ツナ缶でジューシー☆ニラ餃子

    見た目も美しい花形のニラ餃子。このレシピでは、ツナ缶の水気はしっかり切ってから使います。

    シンプルな味付けながら、ツナのうま味でおいしく、ジューシーな仕上がりに。ひき肉のように火通りを気にしなくていいので安心です。両面パリッと焼いて、お好みでレモンを絞って召し上がれ。

    【材料(12個分)】

    ツナ缶 140g(70gのもの2缶)
    ニラ 1/2束(約70g)
    A しょうが(すりおろし) 小さじ2
    A ごま油 小さじ2
    A しょうゆ 小さじ1/2
    A 塩 少々
    A こしょう 少々
    餃子の皮 12枚
    ごま油 大さじ1

    【下準備】

    ニラはみじん切りにする。

    【作り方】

    1. ボウルにツナ缶の水気を切って入れ、ニラ、Aを入れてこねる。
    2. 餃子の皮の中央に1を適量のせ、周りからひだをよせて包む。
    3. ごま油を熱したフライパンで両面焼く。

    くわしいレシピはこちら
    https://oceans-nadia.com/user/13780/recipe/158370

     

    メンチカツもツナ缶におまかせ!

    ツナ缶は本当にひき肉として使えるかどうかは、ハンバーグやメンチカツにできるかどうかにかかっている、と思うのは私だけでしょうか!?

    タネを成型してそのまま焼けばハンバーグに。パン粉を塗して揚げればメンチカツに。ツナ缶ならしっとりとしたタネになるので、衣付けは卵を使わずパン粉だけで大丈夫!小さめに作ってお弁当のおかずにしたり、パンに挟んでサンドウィッチにしたりと、ツナ缶メンチはかなり使えるメニューです!

    【材料(2人分)】

    ツナ缶 140g(70gのもの2缶)
    たまねぎ 40g
    A 卵 1個
    A パン粉 大さじ2
    A 塩 少々
    A こしょう 少々
    パン粉(衣用) 適量
    サラダ油 適量
    B ケチャップ 大さじ1
    B マヨネーズ 大さじ1

    【下準備】

    たまねぎはみじん切りにする。

    【作り方】

    1. ボウルに水気を切ったツナ缶、たまねぎ、Aを入れてこねる。
    2. 2等分にして小判形にととのえ、衣用のパン粉をつける。
    3. 175~180℃のサラダ油で揚げ焼きする。
    4. Bを合わせてお好みでかける。

    くわしいレシピはこちら
    https://oceans-nadia.com/user/13780/recipe/158376

     

    結論!ツナ缶はひき肉の代用になる万能食材!

    いかがでしたか? このようにツナ缶はひき肉の代わりになり、さらにお肉よりもヘルシーで経済的。これはもう、使わない手はありませんね!

    ぜひお試しになってくださいね。

    関連コラム
    ・【どっちもおいしそう!】話題の厚切り卵サンドVS刻み卵サンド、徹底解説!!
    ・【使わないなんて損してる!】千切りスライサーがスゴすぎる!
    ・冷凍枝豆が大変身!居酒屋風「わさび枝豆」を作ろう!

    キーワード

    このコラムをお気に入りに追加

    37

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    Nadia編集部おすすめコラム

    関連コラム

    このコラムを書いたArtist

    神田えり子
    • Artist

    神田えり子

    料理家。 お家で食べるものは、体に優しく、飽きない味に。 作る人も負担にならない。 シンプルで素材を活かした関西風のおばんざいをご紹介しています。 ~書籍~ レシピ掲載「ぜんぶおうちで作れる デパ地下・有名店の大人気マリネ」(辰巳出版) レシピ監修「LODGEスキレット100%活用マニュアル」(辰巳出版) 著書「カラダよろこぶオイルおにぎり」(辰巳出版) レシピ監修「LODGEコンボクッカー100%活用マニュアル」(辰巳出版) ~テレビ出演~ NEWS every、Sma STATION、J:COM食+

    にゃでぃあのおすすめ!
    「料理家」という働き方 Artist History