レシピサイトNadia

    <BRUNO>HMですぐ焼ける♪クレープシュゼット

    デザート

    <BRUNO>HMですぐ焼ける♪クレープシュゼット

    お気に入り

    48

    • 投稿日2019/06/04

    • 更新日2019/06/04

    • 調理時間20

    夏にさっぱりと食べられるクレープシュゼットです。ホットケーキミックスを使えば生地を寝かせる時間もなく、みんなでワイワイ焼きながら楽しめます♪ 今回はカラフルにオレンジとホワイトグレープフルーツを使いましたが、ピンクグレープフルーツでもカラフルでかわいく仕上がりますよ。 アイスをかけて溶かしながら食べる、至福のひと時をどうぞ♡

    材料6人分

    • <クレープ生地>
    • ホットケーキミックス
      200g
    • Mサイズ2個
    • 牛乳
      40ml
    • 食塩不使用バター
      20g
    • <ソース>
    • グラニュー糖
      大さじ3
    • 食塩不使用バター
      30g
    • オレンジジュース
      25ml
    • <トッピング>
    • グレープフルーツ
      1個
    • オレンジ
      1個
    • バニラアイス
      適量
    • 適量
    • グラニュー糖
      ひとつまみ

    作り方

    ポイント

    ■オレンジの皮を使うときは、国産のものを推奨します。 ■オレンジ・グレープフルーツをむいたときに出た果汁に、ジュースを足して250mlにして使用してください。(もちろん、オレンジジュースでもグレープフルーツジュースでも可) ■カラメルを作る作業は跳ねる場合があるので、キッチンのガスコンロを使用しています。 ■オレンジジュースは常温のものを使用してください。 ■連続して焼くときはプレートが熱くなるので、濡れたふきんの上において冷ますとよい。

    • オレンジとグレープフルーツは皮をむいて、果実を取り出す。 オレンジは皮をむく前に塩をまぶしてこすりながらぬるま湯でよく洗い、わたの白い部分を削り取って皮のオレンジの部分だけ千切りにする。グラニュー糖 ひとつまみをまぶしてよく揉みこむ。

      工程写真
    • 1

      <クレープ生地>を作る。 ボウルにホットケーキミックスを入れ、溶きほぐした卵と牛乳を少しずつ混ぜる。なめらかに混ざったら電子レンジで溶かした食塩不使用バター 20gを加える。

    • 2

      オーバルホットプレート(ハーフプレート)をセットして[MED]で4分ほど予熱し、ペーパーを使って薄く油(分量外)を伸ばし、ハンドルを使ってプレートを傾けて生地を薄く広げる。2~3分焼いて淵がうっすら色づいたら、箸を使って淵からはがして裏返し、1分ほど焼いて取り出す。

      工程写真
    • 3

      焼きあがったクレープを扇状に折りたたむ。

      工程写真
    • 4

      <ソース>を作る。 オーバルホットプレート(深鍋)にグラニュー糖を広げてガスコンロで温め、全体がキャラメル色になったら食塩不使用バター 30gを加える。

      工程写真
    • 5

      4にオレンジジュースを加え、キャラメルが溶けるまで煮詰める。 キャラメルがすべて溶けたら、ホットプレートにセットする。

      工程写真
    • 6

      2のクレープと刻んだオレンジの皮を入れ、ソースをかけながら好みの加減まで[MED]で煮込む。 仕上げに<トッピング>のグレープフルーツとオレンジを散らす。

      工程写真
    • 7

      皿に盛り付け、バニラアイスを添える。

      工程写真
    レシピID

    376180

    コメント

    送信

    関連キーワード

    「クレープ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History