レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

塩パン

主食

塩パン
  • 投稿日2020/02/25

  • 調理時間100

食事パンとしても楽しめる塩味のパンが食べたくて焼きました。 これはシンプルバージョンですが、20gの棒状のバターを包んで焼くと中からバターが溢れるリッチなパンも作れます。こちらもおすすめです!

材料2人分6個分

  • 強力粉
    200g
  • 3g
  • 砂糖
    2g
  • インスタントドライイースト
    3g
  • A
    牛乳
    30g
  • A
    ぬるま湯
    100g
  • バター
    20g
  • 岩塩
    適量

作り方

ポイント

砂糖もイーストも少なめで発酵が遅めの生地なのでなるべく室温は高めの方が作りやすいかもしれません。 オーブンの発酵機能など上手に使ってみてください。

  • 1

    強力粉、塩、砂糖、インスタントドライイーストをボウルに入れよく混ぜ合わせる。 A 牛乳30g、ぬるま湯100gを一気に加え、菜箸でグルグルと混ぜ、ひとまとめにする。

  • 2

    ある程度混ざったら手で混ぜ、ボウルの中の粉気がなくなるようにまとめる。 ひとまとめになったら台に取り出し生地をひきのばすようにしてこねる。

  • 3

    滑らかになってきたら生地を広げ、バターをちぎって加え、生地で包む様にしてさらにこねる。 油分で生地がべたつきまとまらなくなるけどなじませるようにこね続ける。

  • 4

    再び滑らかな表面になったら表面を張るようにしてまとめ、ボウルに戻して濡れふきんをかけ50分一次発酵させる。 室温が高めならそのままでも良いですが部屋が涼しい場合は40度くらいのお湯にボウルごと浸けても。 オーブンに発酵機能があれば40度で50分でもOK。

  • 5

    生地が2倍に膨らんだらOK。指に強力粉(分量外)を付けて生地をさしてみて戻ってこなければ発酵完了。 ボウルからカードで優しく剥がし台に出して、生地全体を押して空気を抜く。

  • 6

    6等分にし、それぞれを丸めて濡れふきんをかけ10分ベンチタイムを取る。

  • 7

    生地を手でしずく型にのばし、強力粉(分量外)を台に軽く振り、綿棒で二等辺三角形に伸ばす。 長さ15センチくらいに伸ばしたら広い方からくるくると巻く。 オーブンを210度に予熱する。

    工程写真
  • 8

    天板にオーブンシートを敷いて生地を乗せ、濡れふきんをかけて20分二次発酵させる。 一次発酵の時と同じく室温が低い場合は40度くらいのお湯を張ったフライパンの上に天板を置いてもOK。

  • 9

    生地の表面にハケで軽く水を塗り、岩塩を適量散らす。 210度のオーブンで15分から18分焼く。

レシピID

386716

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

パン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

両角舞
Artist

両角舞

料理人として10年間修業を積んだ後、フードコーディネーターに転身。企業のレシピ開発や撮影スタイリングを多数手がける。 CX系めざましテレビのコーディネーターを5年間務めた他、タイ各地でのレストラン立ち上げに関わりメニュー考案、調理に携わる。現地での経験を活かし料理教室や料理イベントを主催。 2012年ELLE a tableフードバトルのグランドチャンピオン。漢方スタイリストの視点から作る薬膳も得意とする。

「料理家」という働き方 Artist History