レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

気軽に混ぜるだけ~しっかり効かせたココアのブラウニーマフィン

デザート

気軽に混ぜるだけ~しっかり効かせたココアのブラウニーマフィン
  • 投稿日2016/09/23

  • 調理時間35

ココアの香りの良さをたっぷりどうぞ。バナナとくるみの相性もバッチリです。 バナナをフォークで潰す、粉をふるう(一回だけ)のが面倒なだけであとはラクちん、失敗知らずのマフィンです。 朝食にもどうぞ!慣れてくると早くできるようになります。※粉ふるいは省略して、ミニ泡だて器などでグルグル混ぜると空気が含まれ、ふるった状態と同じような感じにできます。

材料5人分マフィン型(画像の型です)5個分できます。

  • A
    薄力粉
    80g
  • A
    無糖ココア
    20g
  • A
    ベーキングパウダー
    小さじ1
  • B
    1個
  • B
    砂糖
    70g
  • B
    菜種油
    大さじ4
  • B
    プレーンヨーグルト
    大さじ2
  • バナナ(完熟が良い)
    中サイズ1本
  • くるみ
    大さじ3ほど
  • A
    シナモンパウダー
    少々

作り方

ポイント

最後の工程ではさっくりと、かつしっかりと生地を混ぜるとふんわりボリューミィに膨らみますが、ある程度練ってしまっても大丈夫です。今回画像を作成する際、3歳の娘が最後に練ってしまったので・・・それでも綺麗に膨らんでます。 ちなみに粉ふるいは一回だけしかしてません、それもボールに入れる際に全部まとめておいたものを一回です。本当は素材の数量と同じ数の回数はしないといけませんが、OKです。※追記あります

  • A 薄力粉80g、無糖ココア20g、ベーキングパウダー小さじ1、シナモンパウダー少々B 卵1個、砂糖70g、菜種油大さじ4、プレーンヨーグルト大さじ2を別の容器に入れておく。 バナナはフォークで細かくつぶす。くるみは大きいものは手で割っておく。 オーブンは180℃に予熱する。

    工程写真
  • 1

    Bを混ぜる。泡立ての必要はなく、全体にしっかり混ざればOK.

    工程写真
  • 2

    Aをふるいながら(または泡だて器でグルグルと混ぜた粉類を)Bのボールに加え、混ぜる。 途中でゴムベラに替え、バナナとくるみも加えてさっくりと生地を合わせていく。

    工程写真
  • 3

    ②を型の8~9分目まで流し込み、180℃のオーブンで25分焼く。

    工程写真
レシピID

143054

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

えつこ
Artist

えつこ

朝ごはんを中心としたお料理にまつわるブログ(アメブロ)を毎日更新しています。 時間のない子育て世代、「作り置きを作り置く時間がない!」、というママさん方の現場のご意見で実情を知り、本当の意味での時短、簡単、シンプル調理とは・・・本当に役立つレシピとは、即戦力となるレシピを日々考えています。 「素材1品だけで作るレシピ」は、そんな極限状態から生まれた、お困りの方に向けての私からのご提案です。 実はレシピを読むのが苦手なので生み出すレシピはお菓子も含め、ほぼ体感です。お料理が苦手という方のお気持ちも十分わかっているつもりです。実際私はテクニックがなく、魚も満足にさばけない未熟者です。 「当たり前なのにこの組み合わせ、美味しい」を共感してもらえたら幸いです! 好き嫌いの多い小学生娘の食事を作ることで、「食べること」の意味などを改めて感じることがたくさんあります。 私自身、高齢出産を経験し、慢性疾患を持っているので、これからますます「食」がクローズアップされそうな我が家です。 レシピ一つ一つに物語と愛情を込めています。ぜひともフォロー、登録をお願い致します。励みになります!ブログではいち早くレシピを出していますので、よろしくお願いします。 フードコーディネーター、紅茶コーディネーターの資格を持っているのでそちらも今後活用していきたいと思っています。 趣味は食べることと、40代で始めた筋トレ!という大阪在住主婦です! 甘い物もファーストフードも大好き!

「料理家」という働き方 Artist History