冷めてもふっくらしっとり〝銀ダラのねぎ味噌焼き〟

20

2019.12.10

分類主菜

調理時間: 20分(下処理時間除く)

ID 383525

おねこ

お酒がすすむ呑兵衛の簡単レシピ

こんがり焼けたねぎ味噌と白ごまが香ばしい、
秋〜初冬が旬、銀ダラのねぎ味噌焼きレシピです。

特に辛口の日本酒によく合いますが、
下処理することで、
冷めてもふっくらしっとりしているのでお弁当にも◎

※ご自宅の魚焼きグリルが片面焼きの場合、くしゃくしゃにしてから広げたアルミ箔にのせ、トースターで焼いてください。

※銀ダラの代わりに鱈や鰆、生鮭でも◎

    材料

    3人分
    銀ダラ 3切れ
    砂糖 小さじ1
    3つまみ
    A
    白味噌 大さじ1
    A
    みりん 大さじ1
    A
    砂糖 小さじ1〜2
    A
    白ごま 小さじ1
    長ねぎ 30g
    ゆずの皮 適量

    作り方

    ポイント

    焼き魚はひっくり返す時や取り出す際、フライ返しで優しく扱ってあげると崩れづらいです。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. 銀ダラに砂糖をまぶし、冷蔵庫で1時間〜寝かす。

      ※目的…臭み取り、身崩れを防ぐ、仕上がりがふっくらする、上品でまろみのある味にする

      ※砂糖×塩を振りかけても◎
    2. 銀ダラはキッチンペーパーで包み、しみでてきた水分をしっかり取る。
    3. 高い位置から塩を指で擦り合わせながら銀ダラの両面に振りかけ、手で押さえて馴染ませる。

      ※一切れにつき塩ひとつまみ(親指、人差し指、中指の三本で摘んだ量)が適量です。
    4. 斜め薄切りにした長ねぎとA

      白味噌 大さじ1、みりん 大さじ1、砂糖 小さじ1〜2、白ごま 小さじ1

      を混ぜ合わせる。

      ※塩分の強い津軽味噌を使っています。味見してみて、味噌の量は調整してください。

      ※甘くない方がいい方は、砂糖を小さじ1にしてください。

      ※西京味噌の場合は塩気が淡いため、味噌の量を増やすか、砂糖小さじ1の方がバランスがとれます。
    5. 銀ダラの表面に味噌ダレをかける(塗る)。
    6. 表面を上にして、中火で12分〜14分焼く。

      ※両面魚焼きグリル使用
    7. (補足)
      写真:中火5分後
      ※ねぎに焦げ目が入ってきます。焦げたねぎはお箸でひっくり返してあげると、焼きムラが防げます。
    8. いい焼き色がついたらグリルから取り出す。

      ※銀ダラは比較的身崩れしやすい魚のため、取り出す時はフライ返しがおすすめです。
    9. ゆずの皮を飾ってできあがり。

      ※ゆずは皮を薄く削いで千切りにし、水に浸します。飾る前に水気をしっかり絞ってください。
    41 137

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「焼き魚 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは