レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

甘みと香ばしさがぎゅっ【焼きとうもろこしのバター醤油ご飯】

主食

甘みと香ばしさがぎゅっ【焼きとうもろこしのバター醤油ご飯】
  • 投稿日2022/07/05

  • 調理時間10(炊飯時間は除く)

お気に入りに追加

215

【焼きとうもろこしの香ばしさがたまりません♪】 夏が旬のとうもろこしを、食欲そそる焦がしバター醤油味にしてご飯に混ぜ込み&トッピング。甘くて香ばしいとうもろこしのうまさが口いっぱいに広がって、おかわり必至です!!そのため、いつも炊き込みご飯は2合で作っていますが今回は3合に。冷凍保存もできるので、1人~2人家族でも、3合お作りいただいてもぺろり?と思っています! 炊飯は三菱電機の本炭釜 紬を使用。お米ひと粒ひと粒が立ち、食感はもっちり。噛みしめるほどに甘み、うま味が際立って、お米そのものの美味しさが存分に味わえます。炊き込みご飯にしてもその仕上がりは絶品です。

材料4人分3合分

  • ゆでとうもろこし
    2本(正味210g)
  • 3合
  • A
    酒、みりん
    各大さじ1と1/2
  • A
    塩、鶏がらスープの素
    各小さじ1
  • 大さじ1と1/2
  • バター(有塩)
    20g
  • みりん、しょうゆ
    各大さじ1
  • 刻みパセリ(または乾燥パセリ)
    適量

作り方

ポイント

・使用したとうもろこしの重さについて 生のとうもろこしを電子レンジで加熱したものを1本、真空パックのゆでとうもろこしを1本(合計2本)使用しました。 芯(2本分):180g 実(2本分):210g ・工程4~5(とうもろこしを焼く際の注意点) 焦げ付きやすいフライパンを使用する場合は、サラダ油適量(分量外)をなじませてからとうもろこしを並べてください。 加熱済みのとうもろこしを使用するため、ここでは火を通すというよりは「焼き色をつけて見た目よく香ばしくし、タレをからませる」ことを目的としています。両面焼き色をつけるために返しても良いですが、かたまりがほどけてしまう可能性もあるため、片面のみ焼きます。 ・冷凍保存について 一食分ずつラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍してください。保存日数の目安は3週間です。 #三菱電機タイアップ

  • 《使用するとうもろこしについて》 生のとうもろこし、真空パックのゆでとうもろこし、コーン缶、いずれでもお作りいただけます。 ◎生のとうもろこし…表面のかたい皮をはぎ、茎は折り、ヒゲはキッチンバサミで切る。ラップでぴったり包み、電子レンジ(600W)で5分加熱したら、ラップに包んだまま、完全に冷めるまでおく。 ※完全に冷ましてから切ることで、実がバラバラにほぐれづらくなります。 ※お湯でゆでたものでも構いません。その場合も、完全に冷ましてから切ってください。 ◎真空パックのゆでとうもろこし…そのまま使用。 ※実同士がしっかりくっついていてほぐれづらいため、かたまりにして焼く場合に扱いやすいです。 ◎コーン缶…汁気を軽く切ってから焼く。 ※かたまりができないため、適宜全体を混ぜ合わせながら焼きます。全量を炊きあがったご飯に混ぜてください。

    工程写真
  • 1

    ゆでとうもろこしを4~5cm長さに切る。縦に置き、芯と実の境目に包丁を差し込んで実を切り落とす。

    工程写真
  • 2

    1のうち1/3量程度をほぐす。

    工程写真
  • 3

    内釜に研いだ米とA 酒、みりん各大さじ1と1/2、塩、鶏がらスープの素各小さじ1を入れ、水位目盛「白米」の「3」に水加減し、さっと混ぜる。とうもろこしの芯をのせ、お米「白米」、炊き方「炊込み」で炊く。

    工程写真
  • 4

    炊飯している間に、フライパンの中央にとうもろこしのかたまりを表面を下にして並べ、周りにほぐした実を入れる。酒をまわしかけて中火にかけ、焼き色が付くまであまり触らずに片面のみ焼く。 ※酒の水分が残っていても、とうもろこしに焼き色が十分つけば良い。

    工程写真
  • 5

    バター(有塩)を入れたら火を止める。みりん、しょうゆをまわしかけ、フライパンを揺らして全体になじませる。 とうもろこしのかたまりはトッピング用に、ほぐした実はご飯に混ぜ込む用に取り出して分けておく。 ※フライパンの余熱ではバターが溶けきらず、みりんとしょうゆで水分が多い場合は、バターが溶け、タレの水分が飛んでとうもろこしにからむ程度に中火で加熱する。

    工程写真
  • 6

    3が炊き上がったらとうもろこしの芯を取り出し、ほぐしたとうもろこしの実を加えて混ぜ合わせる。 茶碗に盛り付け、トッピング用のとうもろこしをのせ、お好みで刻みパセリ(または乾燥パセリ)を散らす。

    工程写真
レシピID

436621

コメント

送信

関連キーワード

とうもろこしご飯」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

おねこ
Artist

おねこ

呑兵衛料理家。 豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●冷蔵庫整理に目覚め、食品廃棄ゼロ2年10ヶ月達成!! ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社)

三菱家電ファンサイトレシピ
「料理家」という働き方 Artist History