レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

本場レシピのはんぶん!とろり☆ちびバスチー

デザート

本場レシピのはんぶん!とろり☆ちびバスチー
  • 投稿日2021/04/06

  • 調理時間40

本場バスクチーズケーキの醍醐味は、大きく焼かないと堪能できない…という悩みの種。 表面の焼き色をちょっとだけ諦めたら とろりんクリーミーな美味しさは楽しめます💖 少ない材料で手軽に焼きたい時に⭐

材料直径12cmの丸型1台分

  • クリームチーズ
    200g
  • 生クリーム
    100g
  • きび糖
    60g
  • 1.5個
  • 薄力粉
    小さじ1/2

作り方

ポイント

各工程の詳しい説明は、大きく焼く基本のレシピ『ラヴィーニャのバスク風チーズケーキ』をご覧ください ⇒ https://oceans-nadia.com/user/23165/recipe/378599

  • 1

    クリームチーズは常温にして、なめらかなクリーム状に練ります。

    工程写真
  • 2

    卵を溶き、3回に分けて①に加え都度混ぜます。

    工程写真
  • 3

    きび糖、薄力粉、生クリームの順に加え都度混ぜます。

    工程写真
  • 4

    ベーキングシートを水で濡らしてギュッと絞り、型に添わせるように敷き詰めます。

    工程写真
  • 5

    生地を流し入れ、250℃に熱したオーブンで20分焼きます。 ちびバスチーは焼き時間を短くする分、焼き色はかなり薄め。側面なんて、ほとんど焼き色がついてません…

    工程写真
  • 6

    でも、カット断面は、ちょうどいい「とろりん」状態。 これ以上焼いちゃうと、火が入り過ぎてこのとろとろ加減は消えてしまいます。

    工程写真
レシピID

410410

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

バスクチーズケーキ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

加瀬 まなみ
Artist

加瀬 まなみ

埼玉県熊谷市出身。両親在住時スペインにて家庭料理を学び、スペイン料理を中心に料理研究家として活動。メディア・イベント出演、出張シェフ、撮影監修、料理教室、レシピ開発のほか、All Aboutスペイングルメガイド、ippinキュレーターなど執筆活動も行う。 全国タパス選手権 2018年 3位入賞。 著書:フライパンひとつでできる絶品パエリア(TATSUMI MOOK)、5分でできた!シリーズ 全7冊(角川SSC)、2stepレシピお米でつくるたのしいごはん(東京地図出版)、月刊いちばんやさしいスペイン料理(miilマガジン)ほか

「料理家」という働き方 Artist History