レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

気軽に作れる♪『豚こまボールの酢豚』

主菜

気軽に作れる♪『豚こまボールの酢豚』
  • 投稿日2020/01/25

  • 調理時間20

お肉たっぷりが嬉しい男子や食べ盛りのお子様におすすめの酢豚です♡豚こま肉で手軽に作れます(^^)酢豚は素揚げするのが面倒…という方でも、油は大さじ6のみ(大さじ5程度でも大丈夫そう)で揚げ焼きにして作るので、面倒な油の処理が省け気軽に作って頂けます♪

材料2人分

  • 豚こま肉
    300g
  • 人参
    1本
  • 玉ねぎ
    1/2個
  • ピーマン
    2個
  • A
    大さじ1
  • A
    醤油
    小さじ2
  • A
    生姜チューブ
    2㎝
  • A
    にんにくチューブ
    2㎝
  • 片栗粉
    大さじ2
  • サラダ油
    大さじ6
  • B
    ケチャップ
    大さじ3
  • B
    大さじ3
  • B
    大さじ1
  • B
    醤油
    大さじ1
  • B
    砂糖
    小さじ2
  • B
    鶏がらスープの素
    小さじ1
  • B
    片栗粉
    小さじ1
  • B
    小さじ2

作り方

ポイント

・豚こまボールは小さめに丸めることで、お肉がたくさんあるように見えますし、火の通りも早く生焼けの心配がありません♪(にんじんを小さめの乱切りにしているのも、火の通りをよくするためです) ・ピーマンは本当にさっと揚げる程度でOK◎

  • 1

    豚こま肉にA 酒大さじ1、醤油小さじ2、生姜チューブ2㎝、にんにくチューブ2㎝にを揉みこみ下味をつける。

  • 2

    下味をつけている間に野菜を切る。 人参…小さめの乱切り 玉ねぎ…くし切り ピーマン…乱切り

    工程写真
  • 3

    B ケチャップ大さじ3、酢大さじ3、酒大さじ1、醤油大さじ1、砂糖小さじ2、鶏がらスープの素小さじ1、片栗粉小さじ1、水小さじ2を混ぜ合わせておく。

    工程写真
  • 4

    豚こま肉を小さめに丸め、片栗粉をまぶす。

    工程写真
  • 5

    フライパンにサラダ油を熱し、人参、丸めた豚こま肉を揚げ焼きにする。

    工程写真
  • 6

    豚こま肉の片面がこんがりと焼き色が付いたら裏返し、玉ねぎも加える。

    工程写真
  • 7

    豚こま肉が全面こんがりとなれば、ピーマンを加えさっと揚げ、一度火を消す。

    工程写真
  • 8

    フライパン内の油をふきとり、再度火をつける。 (フライパンを傾け、食材を上にあげながら、下に溜まった余分な油をキッチンペーパーでふき取る。)

    工程写真
  • 9

    混ぜ合わせておいたB ケチャップ大さじ3、酢大さじ3、酒大さじ1、醤油大さじ1、砂糖小さじ2、鶏がらスープの素小さじ1、片栗粉小さじ1、水小さじ2をもう一度まぜてから加え、とろみがつくまで全体と煮絡める。 (すぐとろみがつきます♪)

    工程写真
レシピID

385264

「にんにく」の基礎

「玉ねぎ」の基礎

「にんじん」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

酢豚」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

RINATY(りなてぃ)
Artist

RINATY(りなてぃ)

【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 同い年の彼と同棲中。 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 【著書】 「りなてぃの一週間3500円献立」 第8回レシピ本大賞準大賞受賞 新刊「りなてぃの一週間3500円献立2」 シリーズ累計55万部突破 (2021.09.21現在) 【調味料のこと】 醤油はニビシ特級うまくち(九州醤油) 味噌はフンドーキン無添加合わせ味噌 砂糖は三温糖 使ってます♡ 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

「料理家」という働き方 Artist History