レシピサイトNadia
    主菜

    お子様ランチの海老フライ

    • 投稿日2020/05/05

    • 更新日2020/05/05

    • 調理時間15

    プリッと真っ直ぐ♪お子様ランチに入っている様な海老フライです。 工程は多めですが、やってみると意外と簡単に出来ますよ(^ ^) 工程4まですすめてからダイレクトにパン粉をまぶすと揚げずにオーブントースターでもお作りいただけます。

    材料4人分

    • 海老(ブラックタイガー)
      12尾
    • A
      ひとつまみ
    • A
      黒胡椒
      少々
    • A
      マヨネーズ
      大さじ1
    • B
      1個
    • B
      大さじ2
    • B
      薄力粉
      大さじ4
    • パン粉
      適量
    • 揚げ油
      適量

    作り方

    ポイント

    •下処理で水洗いした海老の水分はしっかりおさえてください。 •切れ目を入れる時は深く入れ過ぎないようにしてくださいね。 •工程4でダイレクトにパン粉をまぶしオーブントースターで調理する場合は、アルミホイルの上にのせ海老同士がくっつかない様におき、6尾ずつ2回に分けて5〜6分ほど焼いてください。

    • 海老(ブラックタイガー)は尾と一節を残して殻をむき背ワタを取り、片栗粉大さじ1(分量外)をもみ込みながら流水で洗う。キッチンペーパーで水気をおさえる。

      工程写真
    • 1

      尾ひれに入っている水分を包丁でしごき出す。(揚げた時に油がはねないようにするため)

      工程写真
    • 2

      海老の腹側に斜めに切れ目を4箇所入れる。(厚みの1/3くらいまで)

      工程写真
    • 3

      反対側にし、背側から指で身が真っ直ぐになるように伸ばして押す。プチッと音がするまで上から押してください。これで揚げた時に丸くなりません。

      工程写真
    • 4

      ボウルに海老とA 塩ひとつまみ、黒胡椒少々、マヨネーズ大さじ1を入れよく混ぜる。

      工程写真
    • 5

      別のボウルにB 卵1個、水大さじ2、薄力粉大さじ4を入れて混ぜ、バッター液をつくる。

      工程写真
    • 6

      5に海老をくぐらせ、パン粉をたっぷりとまぶす。

      工程写真
    • 7

      180℃に熱した揚げ油に入れる。揚げ色がついたら取り出してください(あとは余熱で火を通します)

      工程写真
    • 8

      タルタルソースやレモンを添えてお召し上がりください(^ ^)

      工程写真
    レシピID

    391045

    質問

    作ってみた!

    • ゆりこ
      ゆりこ

      2023/12/08 19:54

      何度も作っています。揚げ物の苦手意識が無くなりました。 とっても美味しいです😋
    • 780689
      780689

      2022/08/22 00:48

      このレシピ見て作りました 美味しかったです😊
    • 272059
      272059

      2020/05/06 08:19

      海老フライ大好きなので、やってみようと思います☆ マヨネーズを入れる理由ってなんですか?入れた方がいいですか?

    こんな「エビフライ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「えび」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ちおり
    • Artist

    ちおり

    料理家

    北海道札幌市在住。 食べることが大好きな19歳と15歳、2人の娘の母です。働く主婦、子育て中ならではの等身大の料理が人気を呼び、インスタグラムのフォロワーは32万人超(2023年2月現在)となりました。 皆さんいつもありがとうございます^ ^ 【著書】 2023年2月16日に 新刊 ちおり流くり返し作りたいおかず📗が 発売されました😊手に取っていただけると 嬉しいです。 •ちおりの簡単絶品おかず【宝島社】 •ちおりの簡単絶品おかず2【宝島社】 おかげさまで書籍累計10万部を突破しました🙇🏻‍♀️ Instagram→@chiori.m.m 主婦目線で、家族から喜ばれ、忙しい女性が助かるレシピ作りがモットー。 おうちにある調味料のひと工夫で、よりおいしくなる料理をお届けしています。 レシピはもちろん、料理がおいしくなるコツや保存ワザなど、役立つ情報を日々更新中です。

    「料理家」という働き方 Artist History