レシピサイトNadia

    基本のブラウニー アメリカンキッズの定番おやつ

    デザート

    基本のブラウニー アメリカンキッズの定番おやつ

    お気に入り

    136

    • 投稿日2017/01/16

    • 更新日2017/01/16

    • 調理時間20(※焼き時間を除く。)

    アメリカンキッズの学校帰りの定番おやつがこのブラウニー!小さい頃から食べている『ママのホームメイドおやつ』としてアメリカ料理の代表選手になっています。家庭の他、パーティーや大学のカフェテリアなんかでも供されています。チョコレートを溶かし入れ、くるみやカシューナッツなどのナッツを加えるのがポイント。アメリカではランチBOXに入っていることもありますよ~♪

    材料※18cm角型1枚分で9人分程度と解釈して下さい。

    • 薄力粉 
      80g
    • ココアパウダー 
      20g
    • グラニュー糖 
      70g
    • 無塩バター 
      80g
    • 卵 
      2個
    • チョコレート 
      100g
    • カシューナッツ 
      75g

    作り方

    ポイント

    基本的にチョコレートを溶かし入れないレシピは『ブラウニー』とは言えません。そして、ナッツを入れ過ぎて、ナッツの味が勝ってしまうのも違います!あくまで、チョコレートの味を主に感じるテイストであることがポイントなのです。 ※カシューナッツはくるみでもOK! ※チョコレートは市販の板チョコ2枚が100gです。 ビターチョコレートがお薦め!

    • ①薄力粉とココアパウダーは合わせてよく振るっておきます。 ②無塩バターは耐熱容器に入れ、500Wの電子レンジで1分30秒加熱すると練りやすくなります。 ③18cm角型にオーブンシートをセットしておきます。 ④チョコレートは細かく砕いて熱容器に入れから500Wの電子レンジで3分ほど加熱した後にかき混ぜておきます。容器が高温になるため、火傷に注意して下さい。

    • 1

      カシューナッツはトースター用の天板で軽くローストしてから包丁で刻んでおきます。

    • 2

      ボールにバターとグラニュー糖を入れて泡だて器ですり混ぜていきます。

    • 3

      卵2個をよく溶きほぐして2に投入して混ぜていきます。

    • 4

      3に下準備④のチョコレート液を混ぜ入れていきます。

    • 5

      4にカシューナッツを加えて混ぜます。

    • 6

      5に下準備①の薄力粉、ココアパウダーを2~3回に分けて投入し、粉気がなくなるまでゴムベラで切るように混ぜていきます。

    • 7

      6を型に入れて平らにならしてからあらかじめ予熱しておいた170度のオーブンで30分焼きます。

    • 8

      さらに濃厚なテイストのブラウニーがお好みの方には 下記のNadiaリンクの『ファッジブラウニー』のレシピもお薦めですよ!   ↓  ↓  ↓ 『ファッジブラウニー』 https://oceans-nadia.com/user/27305/recipe/167791

    レシピID

    145693

    「チョコレート」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    豊田 亜紀子
    Artist

    豊田 亜紀子

    家庭料理研究家&クリエイター 料理教室 Pinkish Rose Club 主宰 <フード資格> 野菜ソムリエ アスリートフードマイスター 薬膳アドバイザー スパイス香辛料アドバイザー スパイスインストラクター メディカルハーブカウンセラー ハーブライフインストラクター <その他の資格> パーソナルカラーアナリスト/イメージコンサルタント/ 実用英語検定準1級/日商簿記2級/華道師範 <自己紹介> 日本と世界の家庭料理(アメリカ料理専門)、及び、スパイスとハーブ料理のレシピをご紹介しております。 40~50代の主婦層を中心に支持されている二児の母。 Hiphop・Jazz・R&B・Soul music lover♡ <現在の活動> 大手食品メーカーのスパイスレシピ開発をメインに活動中。 また、カラーイメージコンサルタントとして、色彩を整えることに特化しており、料理の全体構成・企業様のブランディングのイメージメイキング作成のお手伝いを致します。 また、経済、会計等の知識も持ち合わせております。 <注記> 統計を正しく把握するため、自身のブログ及び各サイトにおいてもフォローを『0』数値に設定しており、相互フォローは一切行っておりません。宜しくご了承下さい。

    「料理家」という働き方 Artist History