レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ゆであずき

デザート

ゆであずき
  • 投稿日2014/01/23

  • 調理時間120

小豆は煮る前に水に浸けることなく、炊くことができます。 一晩浸す・・・をしなくて良いので、食べたくなったらすぐお鍋に!

材料作りやすい分量

  • あずき
    200g
  • きび砂糖
    120g
  • 少々

作り方

ポイント

ぜんざいやおはぎなどアレンジ自在! 夏はアイスを入れてもおいしそう・・・なんて妄想が膨らみますww

  • 1

    あずきをさっと洗う。

  • 2

    厚手の鍋に4~5倍の水とあずきを入れて火にかける。

  • 3

    沸騰したら煮汁を捨ててアクを取る。再び4~5倍の水を入れて火にかける。

  • 4

    沸騰したら中火~弱火にして豆が水面から出ないように、途中で差し水をしながら60~80分煮る。(ホウロウ鍋の場合、蓋をしたまま60分くらい煮れば差し水なしでも炊きあがります。)

  • 5

    豆がやわらかくなったのが確認出来たら、きび砂糖を加えてお好みの濃度になるまで煮る。最後に塩を加えて味を調える。

レシピID

113072

コメント

送信

関連キーワード

柴田真希
Artist

柴田真希

㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。 1981年、東京生まれ 女子栄養大学短期大学部卒業後、給食管理、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。 27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。 現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルティングや飲食店のメニュー開発プロデュースなどを手がける。 「私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。」「ココナッツオイル使いこなし事典」(ともに世界文化社)、「はじめての酵素玄米」(veggy Books)、「やっぱり、塩レモン!魔法の調味料で作る絶品レシピ」(河出書房新社)、しっかりごはんとシンプルおかず「おなかやせ定食」(主婦の友社)、「女子栄養大学の雑穀レシピ」(PHP出版)、「簡単! 美腸レシピ」 (エイムック)などを出版。

「料理家」という働き方 Artist History