レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

鯵とトマトのアクアパッツァ

主菜

鯵とトマトのアクアパッツァ
  • 投稿日2012/12/13

  • 調理時間20

お気に入りに追加

28

バジルと塩だけのシンプルな味付けですが、素材の旨味が効いて美味しく仕上がります。

材料2人分

  • 2匹
  • 塩・こしょう
    少々(下味用)
  • ミニトマト
    5個
  • ズッキーニ
    1/2本
  • ブラックオリーブ
    6粒
  • A
    オリーブ油
    大さじ1
  • A
    にんにく(スライス)
    1かけ
  • 白ワイン
    50cc
  • B
    150cc
  • B
    小さじ1/3
  • B
    バジル
    2~3枚
  • レモン(半月切り)
    4枚(飾り用)

作り方

ポイント

にんにくとオリーブオイルを入れて火にかける時は弱火でじっくりと。 バジルではなく、ローズマリーなどでも美味しく召し上がれます。

  • 1

    鯵はウロコ・えら・内臓除き水で洗い、飾り包丁を入れる。 塩・こしょう(下味)を振って5~10分程度おき、出てきた水分をふき取る。

  • 2

    ミニトマトは半分に切り、ズッキーニは輪切りにする。

  • 3

    フライパンにA オリーブ油大さじ1、にんにく(スライス)1かけを入れて弱火にかけ、良い香りがしてきたら鯵を飾り包丁を入れた面から片面3~4分ずつ焼く。

  • 4

    白ワインを入れてアルコールが飛んだら、ズッキーニ、トマト、ブラックオリーブとB 水150cc、塩小さじ1/3、バジル2~3枚を入れて蓋をして約5分加熱する。

  • 5

    器に盛り付け、レモン(半月切り)を飾る。

レシピID

2802

「ミニトマト」の基礎

「あじ」の基礎

「ズッキーニ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

アクアパッツァ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

柴田真希
Artist

柴田真希

㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。 1981年、東京生まれ 女子栄養大学短期大学部卒業後、給食管理、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。 27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。 現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルティングや飲食店のメニュー開発プロデュースなどを手がける。 「私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。」「ココナッツオイル使いこなし事典」(ともに世界文化社)、「はじめての酵素玄米」(veggy Books)、「やっぱり、塩レモン!魔法の調味料で作る絶品レシピ」(河出書房新社)、しっかりごはんとシンプルおかず「おなかやせ定食」(主婦の友社)、「女子栄養大学の雑穀レシピ」(PHP出版)、「簡単! 美腸レシピ」 (エイムック)などを出版。

「料理家」という働き方 Artist History