レシピサイトNadia

    「適糖生活」ラ・フランスのパイ

    デザート

    「適糖生活」ラ・フランスのパイ

    お気に入り

    23

    • 投稿日2018/11/19

    • 調理時間60(フィリングを冷ます時間は除く)

    固めのラ・フランスに、「スローカロリーシュガー」を振りかけて強火で一気に煮てフィリングにします。 アップルパイとはひと味違った秋のお菓子です。

    材料4人分

    • ラ・フランス(固いもの)
      2個
    • A
      スローカロリーシュガー
      50g
    • A
      レモン汁
      小さじ2
    • A
      レーズン
      大さじ1
    • 冷凍パイシート
      2枚
    • 砕いたビスケット
      大さじ4
    • 卵黄
      1個

    作り方

    ポイント

    ラ・フランスを煮るときは、あまり混ぜすぎるとくずれてしまうので気をつけてください。 気温が高いときは、冷凍パイシートがやわらかくなりすぎます。室温におく時間を調整してください。

    • 冷凍パイシートは、室温に15分おく。 ラ・フランスは、皮をむいて縦4つに切り芯を除く。横に4つに切る。 フライパンに入れてA スローカロリーシュガー50g、レモン汁小さじ2、レーズン大さじ1を加え、ざっと混ぜて15分ぐらいそのままおく。 強火にかけて、ときどき上下を返し水気を飛ばす。(混ぜすぎない) バットに広げて冷ます。

    • 1

      冷凍パイシートを、麺棒で15cmx30cmぐらいにのし広げる。 15cmのケーキ型の底をあてて、ナイフで丸く切り取る。 オーブンを200度に予熱する。

      工程写真
    • 2

      丸いパイ生地に砕いたビスケットをしいてラ・フランスをのせる。 周りに卵黄を塗る。

      工程写真
    • 3

      オーブン皿に、オーブンシートを敷く。 2を半分に折りたたんで、縁をフォークでおさえる。 残っている卵黄を表面に塗る。 真ん中に、ナイフでバッテンを入れる。

      工程写真
    • 4

      200度のオーブンで25分、160度に下げて5分焼く。 網の上にのせて冷ます。

      工程写真
    レシピID

    368486

    「オーブン」の基礎

    「パイ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    パイ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    橋本登志子
    Artist

    橋本登志子

    料理研究家 料理教室主宰 カナダオンタリオ州滞在時に多国籍文化の料理教室に通い、料理の楽しさに目覚める。 得意料理  ひとてま料理・オーブン・スキレット料理 ジャンル  「ひとてま」家庭料理 普通に手に入る食材に「ひとてま」かけて「ごちそう」を作りたいという想いから、金沢にて自宅での料理教室を展開。新聞社や企業の料理イベントでも講師として精力的に活動中。 美味しいごはんでみんなを幸せにすることをモットーに、企業のレシピ開発やメニュー開発の仕事をメインに活動している。

    「料理家」という働き方 Artist History