レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

パルミジャーノレッジャーノ・サブレ

副菜

パルミジャーノレッジャーノ・サブレ
  • 投稿日2015/09/30

  • 調理時間30(生地を休ませる時間を除く)

甘くないクッキーです。様々なオードブルを乗せたり、ディップに添えたりしてどうぞ。食べた時にパルミジャーノレッジャーノの風味がふわっーと口に広がり、いつもの料理がワンランクアップします。

材料8人分天板1枚強分

  • A
    薄力粉
    60g
  • A
    全粒粉(細挽き)
    20g
  • A
    アーモンドパウダー
    20g
  • A
    パルミジャーノレッジャーノ
    25g
  • A
    砂糖
    5g
  • B
    無塩バター
    30g
  • C
    全卵
    15g

作り方

ポイント

生地を薄く延ばした後、しっかり冷やすと包丁でスパッと切れます。ベタつくようなら、長めに冷やしてください。

  • バターは1センチ角にカットし、冷凍庫でしっかり冷やしておく。

  • 1

    (A)の材料をフードプロセッサーにかけ、パルメザンチーズが細かくなるまで混ぜる。

  • 2

    1にバターを加えてフードプロセッサーで混ぜ、更に卵を加えて混ぜる。

  • 3

    そぼろ状になったらラップに包んでひとまとめにし、冷蔵庫で1時間以上休ませる。

  • 4

    冷蔵庫で寝かせた後、生地を2ミリにのばし(ラップにはさんで作業すると扱いやすい)、冷凍庫で10分ほど冷やす。

  • 5

    生地を4センチ角に包丁でカットして天板に並べる。(お好みの大きさでOK)

  • 6

    170度に予熱したオーブンで10分焼き、生地が膨らんでいたらパレットナイフ等で平らにし、160度に下げて更に3~5分焼く。

  • 7

    天板に乗せたまま粗熱を取ってから(焼き立ては壊れやすいので)、網の上に移動させて完全に冷ます。

  • 8

    生ハム&無花果など、お好みの具を乗せて召し上がってください。 塩分控えめの配合です。そのまま食べるなら、胡椒や塩を少々ふってから焼くと良いです。

レシピID

131915

コメント

送信

関連キーワード

武藤文
Artist

武藤文

パンとお菓子を中心とした料理教室を自宅にて主宰しています。家族は、夫と12歳の長男、9歳の長女の4人家族です。作ること、食べることを通して、大切な人の笑顔をたくさん作られるようなお手伝いをしたいと思っています。 不定期更新ですが、日々の様子はこちらのブログで綴っています。 http://ayacooking.exblog.jp/

「料理家」という働き方 Artist History