レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

はまる♡アボマヨ照り焼きチキントルティーヤ

主食

はまる♡アボマヨ照り焼きチキントルティーヤ
  • 投稿日2021/05/22

  • 調理時間30

食べた瞬間、『まさにこの味〜!!』 とろっとろの照り焼きソース&マヨネーズ、そしてアボカドのトリオが絶対的に美味しいです♡ トルティーヤに欠かせない、サワークリームも加えて少し贅沢に。 トルティーヤに乗せてくるめば、少しオシャレで食べごたえのあるラップサンドに♪ ランチにもブランチにもぜひ☆ ***************** トルティーヤはイギリスでとっても人気のある料理。 様々なバリエーションがあって、見てるだけでもとても楽しいです。 日本のテリヤキソースもとっても合います♡

材料2人分

  • トルティーヤ
    2枚
  • 鶏もも肉
    1枚
  • アボガド
    1個
  • 玉ねぎ
    1/8個
  • レタス
    2枚
  • パプリカ
    1/2個
  • A
    大さじ3
  • A
    醤油
    大さじ2
  • A
    みりん
    大さじ2
  • A
    砂糖
    大さじ1
  • A
    はちみつ
    小さじ2
  • A
    にんにく
    小さじ1
  • サワークリーム
    大さじ2
  • マヨネーズ
    適宜
  • 青ネギ
    適宜
  • パクチー
    適宜(※無くても可)
  • 片栗粉
    小さじ1(※同量の水で溶いておく。)

作り方

ポイント

★テリヤキソースにとろみをつけることで、トルティーヤがびしゃびしゃになるのを防いでいます。 ★パクチーがお好きな方はパクチーがとても合うので良かったら試してみてください♪

  • ・鶏もも肉は両面に塩コショウ少々をしておく。 ・アボガドは縦半分に切って3ミリ程度の薄切りにする。  玉ねぎも薄切りにしておく。  レタスは水にさらして水気を切って千切りにする。

    工程写真
  • 1

    フライパンにサラダ油大さじ1/2と鶏肉を入れて、中弱火で熱する。 鶏もも肉の周りが白くなってきて裏面にいい焼き色がついていればひっくり返して、反対側も焼く。 両面においしい焼き色を付けて、中まで火を通す。 竹串を刺してみて透明な液体が出てくればOK。 フライパンからいったん取り出しておく。

    工程写真
  • 2

    1.のフライパンをキッチンペーパーできれいにし、材料A 酒大さじ3、醤油大さじ2、みりん大さじ2、砂糖大さじ1、はちみつ小さじ2、にんにく小さじ1を中火で沸騰させる。 そこに鶏肉を戻し入れ、たれを鶏肉全体に絡める。 同量の水で溶いた片栗粉を加えて、タレにとろみをつける。 とろみがついたら火を止める。

    工程写真
  • 3

    鶏もも肉をフライパンから取り出して、食べやすい大きさに切っておく。

    工程写真
  • 4

    トルティーヤは電子レンジ600Wでラップをして15秒温める。 トルティーヤの表面全体にサワークリームを塗り、レタス、アボガド、パプリカを並べる。

    工程写真
  • 5

    その上に、3の鶏肉を乗せ、フライパンに残っている照り焼きのタレ、マヨネーズをかける。 仕上げに、小口切りにした青ネギ、パクチー(みじん切り)も散らす。 お好みで、大人用にからし又はマスタードをつけても美味しいですよ^^

    工程写真
レシピID

413191

コメント

送信

関連キーワード

カリニ彩
Artist

カリニ彩

プロフィールご覧いただき ありがとうございます♡ 幼少期からイタリア、イギリス、ブラジルに住んできました。昔から食べることが大好きで、海外で出会ったお料理を家庭料理にアレンジするのが趣味かつ楽しみになっていました。 現在はイタリア人の夫と、小さな子ども達4人と日本で暮らしています⭐︎ 子どもがまだ小さいので、色々な食材を健康的に食べてもらえたら…と、考えながらお料理しています。 毎日お料理するのは本当に大変。 でも、美味しい!と言って自分が作ったものを食べてもらえると、嬉しいしやる気も出ますよね。 料理を作ることが、少しでも楽しみに変わるようなお料理をご紹介できたらと思っています。   ■プロフィール 小学生を数年間イタリア・ミラノで過ごし、イタリアという国や文化に魅了されました。 イタリア語・文化をしっかり学ぶたい!という小さい頃からの思いが消えず、大学在学中にイタリア・ボローニャ大学に交換留学。 現地で食べた数々の本場のイタリアンに感激… そこで出会ったイタリア料理を自宅で再現したり、食べ歩いたり。。。 留学中はイタリア料理にどっぷりハマりました。 大学卒業後はSEとしてイギリス、ブラジルのプロジェクトに参加。イギリス、ブラジルは色々なオリジナリティーの人々が集まる国だったのでお料理も多国籍! 食材の使い方など、とても勉強になりました。 その後イタリア人の夫と結婚し、イギリスに数年暮らし、第一子も英国で出産。 夫のマンマの本場イタリアンはやっぱりとっても美味しい…! ■Instagram ⇒⇒⇒felicehippo

「料理家」という働き方 Artist History