Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. ひじきと小松菜の甘辛そぼろ【#作り置き#冷凍保存#お弁当】

    ひじきと小松菜の甘辛そぼろ【#作り置き#冷凍保存#お弁当】 2分前

    364人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 5分で完成!あと引く旨さ♡大根のピリ辛塩昆布サラダ

    5分で完成!あと引く旨さ♡大根のピリ辛塩昆布サラダ 17分前

    100人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. ふりふり♡やみつきツナキャベツ【#包丁いらず #糖質制限】

    ふりふり♡やみつきツナキャベツ【#包丁いらず #糖質制限】 18分前

    117人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. むね肉deうま塩チキン【#作り置き #揉んで焼くだけ】

    むね肉deうま塩チキン【#作り置き #揉んで焼くだけ】 19分前

    164人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. フライパンで*簡単チョコバナナパンケーキ

    フライパンで*簡単チョコバナナパンケーキ 33分前

    124人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

【2工程】なすと豚ひき肉の辛みそ炒め

10
炒め物の
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2018.10.02

分類主菜

調理時間: 10分

ID366277

はっとりみどり

カラダ想いの簡単家庭料理

炒めたなすとひき肉にタレを絡めるだけの2工程で完成する簡単レシピ!味噌がベースの甘辛味でごはんがすすむなすが主役の一品です。

炒め物 味噌 甘辛い 豚ひき肉 時短 ごはんのお供 子供 簡単 甘辛味噌 ごはんにあう なす フライパン

このレシピをブログで紹介する

材料2人分
なす 400g
豚ひき肉 120g
A
みそ(赤) 大さじ1
A
豆板醤・コチュジャン 各小さじ1
A
しょうゆ・砂糖 各小さじ1
A
にんにくおろし 1カケ分
サラダ油 大さじ2
塩・こしょう 少々
作り方
Point!
今回なすは形の崩れにくい丸ナス2個を使用しています。なすの種類は何でもよいですが大きめのなすだと2〜3本、小さめのなすだと4〜5本が目安です。食材の炒める順番がポイントです。なすを最初に炒めることで、ひき肉の焼き過ぎを防止してふっくら仕上がります。豚ひき肉の代わりに豚ばら肉や牛コマ肉を使ってもおいしく仕上がります。
  1. ボウルにA

    みそ(赤) 大さじ1、豆板醤・コチュジャン 各小さじ1、しょうゆ・砂糖 各小さじ1、にんにくおろし 1カケ分

    を合わせて混ぜる。
    豚ひき肉に塩・こしょうをふる。
    なすは一口大に切る。
    ※ 今回は辛めの赤味噌を使用しています。甘い味噌を使用する場合は、しょうゆの量を多少増やすなど好みの辛さに調整してください。
  2. フライパンにサラダ油を熱して、なすを入れて中火で炒める。
  3. なすの表面全体に焼き色がついたら、豚ひき肉を加えて混ぜながら炒めて、肉に火が通ったら下準備したタレを加えて混ぜて、絡まったら火を止める。
15 160
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】実はクリームとも相性抜群!「京風割烹白だし」のレシピ集
    実はクリームとも相性抜群!「京風割烹白だし」のレシピ集 この特集を読む
  2. PR 【PR】生産者こだわりの季節の野菜がたくさん!大阪北部産野菜の簡単&美味しいレシピ特集
    生産者こだわりの季節の野菜がたくさん!大阪北部産野菜の簡単&美味しいレシピ特集 この特集を読む
  3. PR 【PR】冬のおもてなしを華やかに彩るクリスタルの輝き
    冬のおもてなしを華やかに彩るクリスタルの輝き この特集を読む
  4. PR 【PR】冬におすすめ!体を温める食材とお弁当にぴったりなおかず
    冬におすすめ!体を温める食材とお弁当にぴったりなおかず この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

簡単×ブルサン (20) 子供×ビスケット (11) 時短×夫婦ごはん (11) フライパン×ごまめ (8) ごはんにあう×炒め物 (3) ごはんのお供×韓国 (3) なす×麻婆豆腐 (3) 味噌×鶏団子 (3) 炒め物×黒酢 (3) 豚ひき肉×黒酢 (3)
もっと見る

「なす 豚ひき肉 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents