レシピサイトNadia

    【合わせ調味料でバッチリ!】豚こまと小松菜の卵炒め

    主菜

    【合わせ調味料でバッチリ!】豚こまと小松菜の卵炒め

    お気に入り

    212

    • 投稿日2022/11/07

    • 更新日2022/11/07

    • 調理時間15

    【炒め物も合わせ調味料でバッチリ❗️】 豚肉と小松菜のシンプルな炒め物。 カリッと香ばしく焼いた豚肉、 ふわっと卵、こりっとキクラゲ、 まとめ役の小松菜🥬 ただの炒め物なのに、 合わせ調味料でやみつきの味になります❗️ おつまみにも最高です❤️ 普段は心踊らない炒め物も最高のメニューになります⭐️ 気分に合わせて豚肉の部位を変えてもOK👌 きのこ類、白菜、ほうれん草、 薄切りにしたにんじん、ブロッコリー、 なす、れんこんなどを入れても美味しいです😋 お試しください🌱

    材料2人分

    • 豚こま切れ肉
      300g
    • A
      大さじ1
    • A
      醤油
      大さじ1
    • A
      片栗粉
      大さじ1
    • A
      すりおろし生姜
      小さじ1
    • キクラゲ
      適量
    • 小松菜
      1/2袋
    • 2個
    • ごま油
      小さじ1
    • B
      みりん
      大さじ1
    • B
      醤油
      小さじ1
    • B
      砂糖
      小さじ1
    • B
      鶏がらスープの素
      小さじ1
    • B
      片栗粉
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    ■比較的安い豚こま切れ肉を使いましたが、豚肉はなんでもOKです。好きな部位を使ってください。焼肉用や生姜焼き用の少し分厚いお肉を使っても美味しいです。分厚すぎると焼く時間が長くなるので、その点は注意。 ■生姜すりおろしはチューブでOK。 ■キクラゲはなくてもOK。表示通りに水もしくはぬるま湯で戻してください。 ■卵はなくてもOK。むしろたくさん入れたい!という場合は、3個でもOK。とにかく自由。卵を入れる理由は彩とふわっとした食感のアクセントです。 ■きのこ類、白菜、ほうれん草、薄切りにしたにんじん、ブロッコリー、なす、れんこんなどを入れても美味しいです。

    • 1

      キクラゲは袋の表示通り水かぬるま湯で戻しておく。 豚こま切れ肉をポリ袋に入れ、A 酒大さじ1、醤油大さじ1、片栗粉大さじ1、すりおろし生姜小さじ1を加え、揉み込む。 小松菜は4等分に切る。

      工程写真
    • 2

      フライパンに油(分量外)を少量入れ、中火で熱する。 卵は溶いておく。 温まったフライパンに一気に卵を加え、大きくかき混ぜる。 上の部分は半熟で、下の方が固まってきたら、一度取り出しておく。

      工程写真
    • 3

      フライパンにごま油 小さじ1を中火で熱し、下味をつけた豚こま切れ肉を入れ、両面焼く。 豚肉が両面こんがりしてきたら、小松菜、キクラゲを加えて炒め合わせる。

      工程写真
    • 4

      !炒めている間に、B みりん大さじ1、醤油小さじ1、砂糖小さじ1、鶏がらスープの素小さじ1、片栗粉大さじ1を混ぜ合わせておく。 小松菜がしんなりしてきたらよく混ぜたB みりん大さじ1、醤油小さじ1、砂糖小さじ1、鶏がらスープの素小さじ1、片栗粉大さじ1を回しかけ、全体をさっと混ぜる。 卵を戻入れ、崩しすぎないようにさっと混ぜる。

      工程写真
    レシピID

    448115

    「豚肉」の基礎

    「小松菜」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    のどかな暮らし
    Artist

    のどかな暮らし

    2児の母であり、 フルタイムの会社員です。 【毎日を簡単に美味しく楽しくするレシピ】 【時短や材料のポイントを丁寧に解説】 ----------------------- Instagram→@_nodoka_life HP→ ”のどかな暮らし レシピ” で検索🔎 ----------------------- HPでは、たくさん写真を載せてより詳しく説明しています。 よかったら覗いてください。 【献立・レシピで気をつけていること】 ★家族が「お家でご飯を食べたい!」と思う美味しいものを作ること ★忙しい平日は時短+美味しさを優先すること ★家庭にある一般的な調味料を中心に作れること ★長期間保存出来ない調味料や食材は使い切ること ★野菜もタンパク質もバランスよく使うこと ★子供も食べやすいものであること(たまには大人向けもあります) ★休日はちょっと手の込んだ料理も作ってみること どうぞ楽しんで行ってください。

    「料理家」という働き方 Artist History