レシピサイトNadia

    これさえあればご機嫌♡手作り餃子の皮

    主菜

    これさえあればご機嫌♡手作り餃子の皮

    お気に入り

    754

    • 投稿日2018/05/01

    • 調理時間90

    中国人のお友達の手作り餃子の皮を食べて感動してから、スーパーの【焼くだけ】の餃子はNGになった私と娘。 この皮を作るようになってから家族揃って【餃子は皮から作る♡】が基本の我が家の餃子の皮は、少しずつ配合を変えて今はこれが一押しです♪ もっちり&こんがり焼ける破れ知らずの餃子の皮は、材料もシンプル。 『旨っ♡』 『やばっ!』 『やっぱりこれだよね〜!』 の褒め言葉の嵐がおきます。

    材料40~45枚分

    • A
      薄力粉
      180g
    • A
      強力粉
      270g
    • 熱湯
      260~270ml

    作り方

    ポイント

    工程と写真は、解りやすいように多めにしていますが、作ってみると意外に楽にできます。

    • 1

      A 薄力粉180g、強力粉270gをボウルに入れて混ぜておき熱湯を注ぐ。 ※粉の種類によって水分量が少し変わります。260mlを目安に入れてまとまらないようだと残りの10mlを足してください。

      工程写真
    • 2

      (1)を麺棒でついて、熱湯と粉がまんべんなく混ざり、触れる程度の熱さになったら手を使い、ボウルの中でひとまとまりにする。 ※この時点では、まだ結構熱いです。火傷しない程度の熱さですが、人肌温度ではないという心構えをしてください♪

    • 3

      (2)をギュッと握りながらちぎっていく。 ※ここで粗熱が取れてくれます。

      工程写真
    • 4

      (3)を台の上でひとまとまりにして捏ね、しっかりと混ざってきたらラップかビニール袋に入れて夏場は30分・室温が寒いときは1時間を目安に寝かせます。 ※捏ねるときは手の付け根を使ってのばすと楽です。パンとは違ってしっかりと捏ねるのではなく、10回以内でまとめて大丈夫です。イーストが入っているわけではないので、30分以上であれば、1時間以上置いても大丈夫です。

      工程写真
    • 5

      (4)の生地を取り出し、台にくっつくようであれば分量外の打ち粉(強力粉)そして同様に捏ね、写真のように滑らかになったら再度、ラップに包み30分〜1時間寝かせます。 ※1度目の寝かしが終わった時点で、しっとりとしています。こちらの工程の捏ね時間も3~5分程度でまとまります。

      工程写真
    • 6

      (5)を二等分に切り棒状にのばす。 ※必要であれば、ここでも打ち粉をしてください。

      工程写真
    • 7

      (6)を1本辺り20等分を目安に輪切りにして乾かないようにラップをしておく。 ※しっかり40~45枚できなくても気にせずに。今回私は42枚できました(笑)

      工程写真
    • 8

      【伸ばしやすいための重要ポイント】 たっぷりの打ち粉をして、(7)の生地を一つずつ取り出し切り口を丸く整え上に来るようにして手のひらでギュッと押さえ広げてから麺棒を使い生地を回しながら丸く伸ばしていく。 ※切り口を丸く整えてあげることで、綺麗にまるく広がります。 ※生地が回しにくく感じる場合は打ち粉不足です。打ち粉を足して生地を滑りやすくしてください。 ※気持ち、外側が薄くなるイメージです。(市販の餃子の皮よりも全体的に厚め)

      工程写真
    • 9

      伸ばした皮には、くっつき防止のために、一枚ずつたっぷりの打ち粉を振っています。都度、ラップをかぶせて乾燥を防いでください。 ※種を包む際は、市販の皮と違い水は不要です。

      工程写真
    レシピID

    279531

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    奥山 まり
    Artist

    奥山 まり

    ℍ𝕆𝕂𝕂𝔸𝕀𝔻𝕆 𝔽𝕠𝕠𝕕 𝕕𝕚𝕣𝕖𝕔𝕥𝕠𝕣 身近な素材や調味料を使ってシンプルに、 『笑顔が見られるおうちご飯🍚』モットー✨ 基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】ひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです✨ 乳がんサバイバー3年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始めた君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

    「料理家」という働き方 Artist History