レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

10分手捏ね☆ハロウィンお化けのソフトフーガス!

主食

10分手捏ね☆ハロウィンお化けのソフトフーガス!
  • 投稿日2017/10/23

  • 調理時間130

フランスパンのフーガスを、強力粉を使って簡単な手順のレシピにしてみました。 フーガス”風”のソフトなパンですが、細かいことは…まぁ、良いでしょう。 モチっとして素朴な味わいなので、食事パンとしてどうぞ♪ ハロウィンの食卓が盛り上がること間違いなしですよ(^^)

材料大サイズなら2個、小サイズなら4個分

  • A
    強力粉
    170g
  • A
    薄力粉
    30g
  • A
    3g
  • A
    インスタントドライイースト
    3g
  • 水(またはぬるま湯)
    125g
  • オリーブ油
    適量

作り方

ポイント

◆室温が低ければぬるま湯で。 ◆グルテンはあまり要らないので一生懸命捏ねなくて良いです。 ◆生地が乾燥しそうなら都度霧吹きを。 ◆ピザカッターを使うと細かな切込みが楽です。 ◆お化けっぽくしたかったので焼き色を抑えています。が、お好みで高温でカリッと焼いてもこれまた美味です。

  • ◆ボウルにA 強力粉170g、薄力粉30g、塩3g、インスタントドライイースト3gを入れ、泡立て器でよく混ぜる。 ◆タイミングを見てオーブンを180℃に予熱。

    工程写真
  • 1

    【捏ね】 水を一気に加えてドレッジで手早く混ぜ、全体に水分を渡らせる。 水分が渡ったら手の付け根で押したり畳んだりしながら、滑らかになるまで10分程度捏ねる。

    工程写真
  • 2

    【一次発酵】 丸くまとめてラップをし、30℃で60分の一次発酵。 ※2~2.5倍に膨らむのが目安です。

    工程写真
  • 3

    【ベンチタイム】 打ち粉をした台に取り出してガスを抜き、2~4分割して丸め、ラップをしてベンチタイム15分。 ※画像は大×1、小×2に分割してます。 ※乾燥しそうなら硬く絞った濡れ布巾を掛けて下さい。

    工程写真
  • 4

    【成形】 大サイズなら顔の大きさ、小サイズなら広げた手の大きさを目安に生地を伸ばす。 ピザカッターやナイフで口を作り、目はクッキー型等で抜き、鼻はストローで抜く。 ※ピザカッターだと細かな切れ込みが楽です。

    工程写真
  • 5

    【二次発酵】 そっとオーブンシートの上に移し、手で優しく引っ張って切れ込みを広げてやる。 そのまま35℃で15分の二次発酵。

    工程写真
  • 6

    【焼成】 生地表面に刷毛で薄くオリーブ油を塗り、180℃で15~18分焼く。 網に取り出したら出来上がり♪

    工程写真
  • 7

    【おまけ】 くり抜いた生地にチーズを乗せて焼くと、カリカリのおつまみパンに♪

    工程写真
レシピID

204218

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

パン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

西井千里(ち~sun)
Artist

西井千里(ち~sun)

【兼業料理家/食生活アドバイザー】 都内で美容サロンを営み12年目を迎えた食いしん坊。 「優しく楽しく親切なレシピ」をモットーとします。 材料も調味料も手軽なものを使い合理的に整えるのが得意です。 簡単~本格的まで、古今東西の ”美味しい” をご提案。

「料理家」という働き方 Artist History