レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

さやえんどう、ベーコンの卵炒め

副菜

さやえんどう、ベーコンの卵炒め
  • 投稿日2021/05/16

  • 調理時間10

お気に入りに追加

104

子供の頃 母が良く作ってくれた、おかずです。 スナップエンドウが出回るようになってから、絹サヤを食べることが減りました。 絹サヤを大袋で購入したので、思い出して作りました。

材料2人分

  • 絹サヤ
    20g
  • ベーコン
    10g(厚切りベーコン使用)
  • 2個
  • バター
    5g
  • 塩、胡椒
    少々

作り方

ポイント

①バターの代わりにマヨネーズで炒めても美味しいです。 ②ベーコンは厚切りを使いましたが、スライスでも大丈夫です。

  • ①絹サヤはヘタ、筋を取る。 ②ベーコンは2cm幅に切る。 ③卵は溶く。

  • 1

    ①フライパンにバターを加え中弱火で熱し、ベーコンを加え炒め、絹サヤ、塩、胡椒加えて1分ほど炒める。 ②フライパンの片側に具材を寄せて、溶き卵を流し込み、半熟状態になったら、かき混ぜる。

  • 2

    器に盛りつけて完成です。 美味しい笑顔になりますように♪

レシピID

410000

コメント

送信

関連キーワード

野菜炒め」「野菜のおかず」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

くつろぎの食卓
Artist

くつろぎの食卓

【投資家、料理家】♡糖尿病の家族の食事作りをしていたので、和食、あっさり系、野菜料理が得意です。少ない品数で作れるレシピをご紹介しています。(投稿:週1回がんばります。) 【経歴】 近畿大学法学部卒 大手コールセンターに22年間 勤務。在籍中にクックパッド【和風おかずコンテスト】での受賞を機に、スーパーのメニュー提案部門に転職。顧客向けのメニュー提案、実演調理、試食、商品PR、レシピ作成をしていました。 【料理歴】 4歳から祖母に料理を教わりました。母が子宮癌を患い、他界したので、13歳から家族のために料理を作り、37年になります。糖尿病の父のために栄養学や食事療法を学び、食事管理をしていました。 【くつろぎの食卓の由来】 主人、愛猫と食卓を囲み、くつろいで食事をする様子をハンドルネームにしました。 【資格】 食育コミュニケーター、食育アドバイザー、ベジタブル&フルーツアドバイザー、フォトスタイリング2級、食品衛生責任者、日本語教師 【師事先】 ・レコール・ヴァンタン・キャリアカレッジ 調理&フードコーディネーター学科 受講 ・京都調理師専門学校内 料理教室「ラ・キャリエール」 京料理専科、イタリア・フレンチ専科で各講座 月1回×2年 受講

「料理家」という働き方 Artist History