レシピサイトNadia
    主食

    カリッと香ばしいゆず胡椒揚げ鶏&トマト柚子胡椒ネギソース添え

    • 投稿日2020/08/15

    • 更新日2023/12/22

    • 調理時間10(冷蔵庫で味をなじませる時間は省く)

    暑い夏には無性に揚げ物が食べたくなります。 てんぷらや串揚げより、火を使う時間を短縮できる竜田揚げ! 今回は、柚子胡椒を効かせ、ピリリとした刺激と爽やかな味わいの大人向けの竜田揚げに仕上げました。 ビールのおつまみにも最適! 今回はそうめんと合わせてみました(^^♪

    材料2人分鶏モモ肉1枚分

    • 鶏もも肉
      1枚
    • A
      日本酒
      大さじ2
    • A
      柚子胡椒
      小さじ1
    • A
      薄口しょうゆ
      小さじ1
    • 片栗粉
      大さじ3~
    • 米油
      適量
    • B
      トマト
      1個
    • B
      ネギ
      10cm
    • B
      柚子胡椒
      小さじ1弱
    • B
      黒酢
      大さじ1
    • B
      てんさいオリゴ糖
      大さじ1強
    • B
      醤油
      大さじ1と1/2

    作り方

    ポイント

    鶏もも肉を揚げるとき、160℃で揚げますが、もし5分経過してもきつね色にならないようでしたら、 180℃に上げて2~3分できつね色にして揚げてください。 揚げ油の分量はフライパンのなべ底から2~3cmの分量です。 片栗粉の粉は、お肉が真っ白になるほどつけて下さい。

    • 鶏もも肉は余分な脂肪と筋を取り除く。 一口大に切る。

      工程写真
    • 1

      A 日本酒大さじ2、柚子胡椒小さじ1、薄口しょうゆ小さじ1の調味料を混ぜる。

      工程写真
    • 2

      鶏もも肉にAの調味料をよく揉みこんで下味をつけておく。 15分以上は冷蔵庫でつけておく。

      工程写真
    • 3

      B トマト1個、ネギ10cm、柚子胡椒小さじ1弱、黒酢大さじ1、てんさいオリゴ糖大さじ1強、醤油大さじ1と1/2の材料でトマト柚子胡椒サルサを作る。 トマトは5mm角になるように細かく切る。 ネギはみじん切りにする。 調味料を加えて混ぜておく。

      工程写真
    • 4

      工程②の鶏もも肉を冷蔵庫から取り出して、片栗粉を入れて混ぜる。 160℃の米油できつね色になるまで揚げる。 7分ほどで揚げる。 揚げたら網にのせて余分な油を切る。

      工程写真
    • 5

      器に揚げた鶏もも肉を盛りつけてトマト柚子胡椒サルサをかけて完成。 揚げたての鶏のから揚げにサルサをかけると、サクッとした揚げ衣にサルサの味が絡んで美味しいです(^^♪

      工程写真
    • 6

      薄焼き卵と薬味を添えたそうめんと一緒に召し上がってください♪

      工程写真
    レシピID

    396659

    質問

    作ってみた!

    こんな「鶏肉のおかず」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「作り置き」の基礎

    「鶏肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    Rune吉村ルネ
    • Artist

    Rune吉村ルネ

    エイジングケア料理家

    • フードコーディネーター

    エイジングケア料理家  多忙な毎日を過ごしながら夫と自分の健康を考える健康ヲタレシピ。 企業と食の仕事を両立させ、多忙な毎日を送る。 病気にさせない、ならないレシピを考えて30年。 家族構成は成人した子供二人が独立し夫と二人暮らし。 2016年FOODISE(旧タベラッテ)からこちらに移籍。この年のレシピを確認してますが理解不明な箇所が見つかりましたらご一報下さると嬉しいです。 減体脂肪、健康、簡単料理をモットー ✨減体脂肪で体調改善 ✨病気知らずの簡単レシピ ✨レモンやフルーツで健康に 簡単だから心穏やかに作れてダイエットに繋がる! 📸レシピ開発と料理撮影 ❇️雑誌ネット媒体掲載多数  ・海外生活30年🇺🇸🇪🇸 ・現在🇯🇵 ■プロフィール詳細 https://bio.site/U6vN7o ------------------- 自己紹介 ------------------- NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々のグランプリ100以上を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 ユーザーに支持されている企業の時短ローカーボ100レシピを共同で開発し、撮影にも携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れる健康レシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。

    「料理家」という働き方 Artist History