レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

お肉の旨味UP!やめられない美味しさ♪ニンニク生姜の回鍋肉

主食

お肉の旨味UP!やめられない美味しさ♪ニンニク生姜の回鍋肉
  • 投稿日2020/11/13

  • 調理時間15

ニンニクと生姜を効させた野菜たっぷりな回鍋肉です。 キャベツは手でちぎることにより、切り口が複雑になり、味が絡みやすくなります。 ピーマンは種も取らずに入れるので食品ロスにもつながりますし栄養価もぐんとアップします。 また、炒めすぎないのは、体に栄養が吸収されやすい調理の方法です。 シャキシャキ感がたまらなく、コクと旨味でご飯がすすむ美味しさ。 調理時間も10分もかからないので簡単に作れるお勧めのおかずです。

材料2人分

  • A
    豚肉(もも肉or三枚ばら肉)
    150g
  • A
    紹興酒
    大さじ1
  • B
    甜麺醤
    大さじ1
  • A
    うま味調味料(味の素)
    2~3ふり
  • A
    豆板醤
    小さじ1
  • B
    醤油
    大さじ1
  • B
    紹興酒
    大さじ1
  • B
    大さじ1
  • B
    片栗粉
    小さじ1
  • B
    生姜すりおろし
    大さじ1
  • B
    ニンニクすりおろし
    1片
  • 米油
    大さじ1
  • 生姜の千切り
    1/2個
  • キャベツ
    1/4個
  • ピーマン
    2個

作り方

ポイント

お肉に味の素を揉みこんだ後、Aの調味料を入れてよく揉みこんでおきます。 Aの調味料をあらかじめ混ぜておくと味にムラが無く揉みこめます。 ピーマンの種は気にならないのでぜひ入れてみて下さい。

  • 豚肉をマリネする。 ・お肉に味の素を振りかけて1分ほど揉む。 ・味の素のほかのA 豚肉(もも肉or三枚ばら肉)150g、紹興酒大さじ1、うま味調味料(味の素)2~3ふり、豆板醤小さじ1の材料を加え1分ほど揉んでマリネしておく。 ・キャベツは手で一口大に千切る。 ・ピーマンはヘタも種も取らずに4等分に切る。 ・生姜は繊維に沿って千切りに切る。 ・B 甜麺醤大さじ1、醤油大さじ1、紹興酒大さじ1、水大さじ1、片栗粉小さじ1、生姜すりおろし大さじ1、ニンニクすりおろし1片の調味料を合わせて置く。

    工程写真
  • 1

    中火でフライパンを温め、米油大さじ1を回し入れて、マリネした豚肉を炒める。火が通ったら取り出してボウルにあける。

    工程写真
  • 2

    フライパンをペーパーで綺麗に拭いて、米油大さじ1を回し入れてピーマンを炒める。 ピーマンの皮の方をフライパンの底にして並べて焦げ目が少しついたらバッドに取り出す。

    工程写真
  • 3

    米油大さじ1を付け足し、キャベツを1分ほど炒める。 工程1のお肉と工程2のビーマンを戻し入れ(B)の合わせ香味料を加え、さらに生姜の千切りをれて30秒ほど炒め全体が均等に混ざったら火を止めてお皿に盛り付ける、

    工程写真
レシピID

399645

「豚肉」の基礎

「にんにく」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

豚肉炒め」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

吉村ルネ
Artist

吉村ルネ

低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング料理研究家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々の賞を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

「料理家」という働き方 Artist History