さんまの塩焼き 紅葉おろし添え

15

2016.09.08

分類主菜

調理時間: 15分

ID 141949

高橋 善郎

NO COOKING NO LIFE.

秋の味覚の代表格、「さんま」の基本の塩焼きです。
飾り包丁、化粧塩などを忘れずにきれいに仕上げて美味しく食べましょう。

紅葉おろしの作り方も。

    材料

    1人分(1尾分紅葉おろしは作りやすい分量)
    さんま 1尾
    大根 2cm分(約100g)
    しそ 1枚
    とうがらし 2本
    塩 / 酒 各少々

    作り方

    ポイント

    《POINT》
    酒をふることでうまみ成分が増して照りなどもつききれいに仕上がりやすいです。(100円ショップに売っているようなきりふきにお酒を入れてふるのが一番やりやすいです。) / 飾り包丁を入れた方が焼き上がりも早くなります。 / 尾の部分に塩をつけることを化粧塩といい、仕上がりがより美しくなります。
    1. 紅葉おろしを作る。
      とうがらしは半分にカットし、種を取り除く。大根を1cm幅の半月切りにして、とうがらしをはさんだまま、すりおろす。
    2. さんまを焼く。
      魚焼きグリルを温める。さんまに飾り包丁を入れ、酒、塩をふり、尾の部分にたっぷりめに塩をつける(化粧塩)。
      グリルで表面に焼き目がつくまで加熱し、器に移す。しそをひき、軽く水分をしぼった紅葉おろしを添える。
    6 29

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    さんま 塩焼き 焼魚 焼き魚 魚介のおかず

    このレシピをサイトに埋め込む

    「魚 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは