レシピサイトNadia

    簡単基本!ゴーヤチャンプル(動画あり)

    主菜

    簡単基本!ゴーヤチャンプル(動画あり)

    お気に入り

    7779

    • 投稿日2017/06/18

    • 更新日2017/06/18

    • 調理時間20(ゴーヤの苦味抜きの時間を除く)

    間違いなくおいしい簡単基本のゴーヤチャンプルです。 作る人によって微妙にレシピが違いますが、お店でも作っている味なので作り方のご参考になれば幸いです。 ◆WEBで通える料理教室 https://www.youtube.com/channel/UCJYkncbjfGEuao0nRa0zW9w

    材料2人分

    • ゴーヤ
      小1本
    • 豚肉
      150g(切り落とし)
    • 絹豆腐
      1丁(300g)
    • 溶き卵
      3個
    • 玉ねぎ
      1/2個
    • ごま油
      大さじ1
    • かつおぶし
      適量
    • A
      薄口しょうゆ
      小さじ2
    • A
      塩、粗挽き黒こしょう
      各小さじ1/2

    作り方

    ポイント

    《POINT》 ・豆腐の水切りは茹でてから重しをのせて切っていただいても大丈夫です。(私はゴーヤチャンプルの場合、木綿より絹の方が好きですが、木綿が好きであればそちらを使ってください。) ・薄口しょうゆがなければ濃口しょうゆで代用いただいても問題ありません。(濃口だと色がつきやすいのでこの料理の場合は薄口がオススメ) ・ゴーヤは薄すぎると食感が台無しになってしまいますので気をつけてください。

    • ・ゴーヤは半分にカットしてわたをスプーンなどで取り除く。約5mm幅の半月切りにして、塩もみして10分置き、水で洗い流してから水分をキッチンペーパーでふきとる。

    • 1

      耐熱皿にキッチンペーパーをしき、絹豆腐をのせ、軽く塩をふる。ラップをかけ、600Wの電子レンジで約2分加熱し、自然に水切りする。粗熱取れたら手でざっくりほぐす。 ※手でちぎった方が味の染み込みがよくなる。

    • 2

      温めたフライパンにごま油をしき、豚肉を入れ、中火で肉の色が半分ほど変わるまで炒める。ゴーヤ、玉ねぎを加え、強火で野菜全体にしっかり火が入ったらA 薄口しょうゆ小さじ2、塩、粗挽き黒こしょう各小さじ1/2を回し入れる。

    • 3

      豆腐を加え、強火で全体を混ぜ合わせたら、溶き卵を加え、手早く混ぜ合わせる。器に盛り付け、かつおぶしをふる。 ※豆腐は温まればOK。かつおぶしは多めにかけた方がおいしい。

    レシピID

    168820

    「豚肉」の基礎

    「玉ねぎ」の基礎

    「豆腐」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    高橋 善郎
    Artist

    高橋 善郎

    1988年神奈川県生まれ。 和食料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を史上最年少で合格。 素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。 2015年からは農林水産省・JICAの共催事業にも参画し、国内外で日本食・食文化を発信している。 スポーツをこよなく愛し、2016年6月に行われたトライアスロンの大会では年代別準優勝。「食 × スポーツ」を普及する活動も精力的に行っている。 【著書】 「燃やすおかず つくりおき」(学研) 「魔法のココナッツオイル(e-Mook)」(宝島社) 「イケ麺レシピ103」(エイ出版社) 「BRUNO(ブルーノ)の絶賛ホットプレートごはん」(宝島社) 「ココナッツオイルで健康になる! (TJMOOK) 」(宝島社) 「いつもの小麦が不調の原因!グルテンフリー入門 (TJMOOK) 」(宝島社) 【保有資格】 日本酒学講師 / 唎酒師(ききさけし) / ソムリエ(ANSA) / ビアアドバイザー / おさかなマイスター / ジュニア野菜ソムリエ / ジュニアアスリートフードマイスター / 調理師免許 /食品衛生責任者

    「料理家」という働き方 Artist History