レシピサイトNadia

    誕生。秋の神レシピ「きのこのすき焼き風」

    主菜

    誕生。秋の神レシピ「きのこのすき焼き風」

    お気に入り

    576

    • 投稿日2021/10/22

    • 更新日2021/10/22

    • 調理時間25

    これが最高に旨いきのこの食し方。言わば究極のきのこ料理。これを知らない人生ほどもったいないものはない!是非お試しを。

    材料2人分

    • しめじ
      1パック
    • エリンギ
      1パック
    • 舞茸
      1パック
    • 牛肉
      200g
    • 焼き豆腐
      1丁
    • 小ねぎ
      適宜
    • 卵黄
      2個
    • 牛脂
      3個
    • 砂糖
      大さじ2
    • 料理酒
      大さじ4
    • みりん
      大さじ4
    • 醤油
      大さじ4

    作り方

    ポイント

    ①きのこは大量に低温から焼く ②きのこに焼き色をつける ③肉に焼き色をつける

    • それぞれ以下のように切っておく しめじ、舞茸:石突きを切り落とし、小房に分ける エリンギ…食べやすい大きさに切る

    • 1

      「しめじ」 石突を取って、割いたものを。

      工程写真
    • 2

      「エリンギ」 これは包丁使って切ってね。

      工程写真
    • 3

      「舞茸」 テキトーに割いたものを。

      工程写真
    • 4

      「牛脂」 もしなければサラダ油でもOK。無論、牛脂の方が旨いです。

      工程写真
    • 5

      「焼く」コツ① 前半10分は弱〜中火で!きのこの旨味成分は60度〜生成されるので、その温度下で一定火入れをします。

      工程写真
    • 6

      「ひっくり返す」 5分経ったらひっくり返して...

      工程写真
    • 7

      「焼く」コツ① 詳しい理由は動画で語っているので気になる方は動画で!

      工程写真
    • 8

      「今度は強火!」コツ② さっきのは旨味抽出の焼き。ここからは焼き色をつける焼きです。

      工程写真
    • 9

      「目指すべき状態」 結構茶色くなるまで焼いてOK!

      工程写真
    • 10

      「端を空ける」 こんな感じで。

      工程写真
    • 11

      「焼き豆腐」 空けたスペースに焼き豆腐を。

      工程写真
    • 12

      「砂糖」 パサッと。

      工程写真
    • 13

      「料理酒」 アルコール系から。

      工程写真
    • 14

      「みりん」 これもアルコール系なので先に。

      工程写真
    • 15

      「醤油」 醤油は最後に。少しでも香りを残したいので、アルコールによる共沸で香りが飛ぶのを避けましょう。

      工程写真
    • 16

      「温めておく」 これできのこと豆腐のセットアップは完了。ゆるっと温めておきます。ただ、煮詰まらないようにだけ注意で!

      工程写真
    • 17

      「牛脂」 別のフライパンにて。本日2回目の登場!まあ、無料ですから...

      工程写真
    • 18

      「牛脂を溶かす」 この後、肉に焼き色をつけたいので、強火で。

      工程写真
    • 19

      「牛肉」 和牛がベストですが、海外産でも十分に旨く仕上がります。だって主役はきのこですから。

      工程写真
    • 20

      「片面だけ焼く」コツ③ 香ばしい焼き色と、ジューシーな肉感を両立するために片面だけ焼きます。

      工程写真
    • 21

      「取り出す」コツ③ あくまでも片面だけに焼き色がついたらで。赤い部分は残っててOK!

      工程写真
    • 22

      「端を空ける」 さっきの鍋に戻ります。肉を入れるスペースを空けて。

      工程写真
    • 23

      「牛肉を合流」 ここで肉を入れて...

      工程写真
    • 24

      「軽く温める」 割下が強めの味なので、ホント温めるレベルでOK。

      工程写真
    • 25

      「完成」 仕上げにお好みで、小ねぎ、卵黄をトッピングして完成。ご飯何杯でもイケる旨さを体感せよ!

      工程写真
    レシピID

    424299

    「きのこ」の基礎

    「牛肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    こじまぽん助
    Artist

    こじまぽん助

    料理の「それが知りたかった!」をあなたに。材料が同じでも、テクニックがなくても「作り方ひとつで」確実においしく作れるレシピをご紹介。 料理の「全ての工程には、おいしくなるための理由が必ず存在」しています。動画では、それを誰にでもわかるように解説しています。

    「料理家」という働き方 Artist History