レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

『我が家の基本のカツ丼』#絶品#とんかつの揚げ方

主食

『我が家の基本のカツ丼』#絶品#とんかつの揚げ方
  • 投稿日2020/11/01

  • 調理時間20

甘辛い煮汁がサクサクのとんかつに染み込み、卵はとろりとやや半熟に仕上げる基本のカツ丼の作り方。 カツ丼用のとんかつのベストな揚げ加減、卵を半熟に仕上げるコツも詳しく紹介しています^^ レシピは小さめのフライパンで1人分ずつ作りましたが、大きめのフライパンで2人分同時に作ってもOKです! その際は卵の火入れ時間等、調節してくださいね^^

材料2人分

  • 豚ロース肉
    2枚(1枚約120g)
  • 塩、こしょう
    少々
  • 薄力粉
    適量
  • 溶き卵
    1/2個分
  • パン粉
    適量
  • A
    だし汁
    160ml
  • A
    醤油、みりん
    各大さじ2
  • A
    砂糖
    小さじ2
  • 2個
  • 玉ねぎ
    1/4個(50g)
  • ご飯(温かいもの)
    茶碗2杯分(約300g)

作り方

ポイント

▪️だし汁は、鰹節からとったものを使用しています。和風だしの素と水で代用する場合は、水160mlに対し、だしの素小さじ1/3程を目安に入れてください。 ▪️フライパンは22㎝のものを使用しています。 ▪️とんかつを揚げる温度は180度。表面をサクッと揚げ、中はしっとりとややピンク色に仕上げると、煮た時に程よいやわらかさに仕上がります。豚肉の厚さや大きさにより揚げ時間は調節してください。 ▪️卵をとろとろに仕上げるコツは、卵の溶き方と火入れ。卵は黄身と白身が軽く混ざる程度にします。卵を回し入れたら蓋をして、卵の半熟具合を確認しながら20〜30秒煮て火を止めます。

  • ▪️豚ロース肉は、脂肪と肉の間の筋を8箇所ほど切っておく。

    工程写真
  • 1

    豚肉の両面に軽く塩、こしょうをする。薄力粉を薄く満遍なくまぶし、溶き卵、パン粉の順につける。

    工程写真
  • 2

    180度の油に豚肉を入れ、1分ほど触らずに揚げる。豚肉を裏返して50秒ほど揚げ、良い揚げ色がついたら取り出し、油をしっかりと切る。

    工程写真
  • 3

    揚げ時間が短めなので、とんかつの中心部分をまだほんのりピンク色。 (とんかつを煮る工程があるので、肉の中心まで完全に火が通る一歩手前で揚げ終えておく。) とんかつを食べやすい大きさに切り分ける。

    工程写真
  • 4

    ▪️1人分ずつカツ丼を仕上げる 卵はゆるめに溶いておく。玉ねぎは薄切りにする。

    工程写真
  • 5

    小さめのフライパンに玉ねぎの半量とA だし汁160ml、醤油、みりん各大さじ2、砂糖小さじ2の半量を入れて中火にかける。 ここで器にご飯(温かいもの)をよそっておく。 煮立ってきたらとんかつを並べ、卵をまわしかける。

    工程写真
  • 6

    蓋をして、ときどきフライパンを揺すりながら、中火で20〜30秒ほど煮る。卵の半熟部分が残るくらいで火を止めて蓋を取る。

    工程写真
  • 7

    器にかつを盛り付ける。 ④〜⑥を繰り返し、同様にもう一人分作る。

    工程写真
レシピID

400428

「玉ねぎ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

tomoko
Artist

tomoko

家族に栄養満点の手料理を♬ 『旬の野菜』は味が濃く、食感や色の鮮やかさ、栄養価の高さも魅力! そんな旬野菜を家族に美味しく食べてもらいたい、その想いで日々レシピを考えています。 身近な調味料と手軽な食材(肉・豆製品・きのこなど)を使って、野菜を食べやすく、さらに美味しく変身させるレシピを目指しています。 ▶︎パパッとうれしい♬ 簡単旬野菜レシピ ▶︎ひと手間がカギ!ごちそう旬野菜レシピ ▶︎ときどき肉だけレシピ(もとは大の肉好き) 2児(5才と7才)のママ。 名古屋市在住。 ブログやInstagramを中心にレシピを発信。 Naidaコラム執筆、企業のレシピ開発、レシピ本への掲載など。

「料理家」という働き方 Artist History