小豆から作る『基本のぜんざい』

90

2022.01.07

分類デザート

調理時間: 1時間 30分

ID 428851

神田えり子

おばんざい食堂〜和食中心、野菜多めの地味ごはん

基本のぜんざいの作り方です。
時間はかかりますが、丁寧に煮た小豆の旨味は格別です。
残ったら冷凍保存もできます。

    材料

    (作りやすい分量・4~5人分)
    小豆(乾燥) 250g
    上白糖 200〜250g
    小さじ1/6
    1L
    適量

    作り方

    ポイント

    ■砂糖の分量はお好みです。私は200gくらいが好きです。

    ■工程5で、1時間煮た後に粒によって煮えムラがあるようなら、火を止めて蓋をして20〜30分おくとムラなくふっくらとします。

    ■やわらかくなるまで煮てから砂糖を加えます。
    まだかたい状態のときに砂糖を入れると、それ以上やわらかくなりにくいです。

    ■日持ち・・・冷蔵庫で3〜4日。冷凍庫で1か月ほど。
    1. 小豆(乾燥)は割れていたり変色しているものは除き、さっと洗う。

      ※ざるで洗ったり、ゴシゴシ洗うと傷が付いて割れやすくなるので、ボウルや鍋の中で洗います。
    2. ざるに上げて水気を切り、鍋に入れる。
      たっぷりかぶるくらいの水(分量外)を入れ、中火にかける。
    3. 沸騰したら3分ほど煮て、ざるに上げて茹で汁を捨てる。

      ※「渋切り」と言って小豆のタンニン・サポニンなどの渋み成分やアクを取り除く作業です。1回で構いません。
    4. 鍋をさっと洗い、小豆を戻し入れる。
      水(1L)を入れて中火にかけ、アクが出たら取り除く。

      ※水は小豆の4倍量を入れます。
    5. 小豆が指でつぶれるくらいになるまで、蓋をして1時間ほど弱火で煮る。
      途中蓋を開けてアクを除き、小豆の顔が出るまで煮汁が少なくなっていたら水を足す。

      ※小豆によって40分ほどで煮上がることがあります。様子をみて煮てください。
    6. 煮汁はお好みの濃度になるように、ボウルなどに取っておく。

      ※念のため捨てずに取っておき、必要なら再び加えます。
    7. 砂糖を2回に分けて加える。
      1回目の上白糖を入れて混ぜ、溶けたら3分ほど煮る。
      甘味を見て残りの上白糖をお好みの量加え、塩も入れて更に2分ほど煮る。
    8. お椀に入れ、お好みの餅をトースターなどで焼いて盛り付ける。
    4 88

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    ぜんざい あんこ おやつ つぶあん スイーツ デザート ゆであずき 上白糖 切り餅 和スイーツ 和菓子 和風 和風おやつ 和食 基本 基本の和食 小豆 小豆あん 砂糖 粒あん お菓子 行事食 鏡開き お餅

    このレシピをサイトに埋め込む

    「ぜんざい 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは