レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

コーヒーマカロン(フレンチメレンゲ)

デザート

コーヒーマカロン(フレンチメレンゲ)
  • 投稿日2021/02/19

  • 調理時間30(乾燥時間、焼き時間を除く)

フレンチメレンゲのマカロンは手軽で、少量でも作れて作りやすいのですが、はじめはなかなか難しいと思います。特にオーブンの温度、時間の調節は何度かやってみないとうまくいかないと思いますが、もし失敗してもリメイクしておいしく食べるレシピも公開しています!! https://oceans-nadia.com/user/199129/recipe/407086 https://oceans-nadia.com/user/199129/recipe/407088

材料

  • 卵白
    35g
  • グラニュー糖①
    30g
  • アーモンドパウダー
    40g
  • 粉砂糖
    40g
  • インスタントコーヒー
    2g
  • 卵黄
    1個
  • グラニュー糖②
    20g
  • 牛乳
    60ml
  • バター(食塩不使用)
    100g
  • インスタントコーヒー
    1g

作り方

ポイント

バタークリームに加えるインスタントコーヒーはしっかりした苦みが欲しければ2g入れてください。

  • アーモンドパウダー、粉砂糖、インスタントコーヒーを合わせてザルでふるっておく。(目の細かいふるいではアーモンドパウダーが詰まるのでザルで) オーブンを100度に予熱する。

  • 1

    卵白をボールに入れてふわっとかさが増すまでハンドミキサーで泡立てる。

    工程写真
  • 2

    グラニュー糖①の半量を加え高速で1分半泡立てる。 さらに残りのグラニュー糖①を加え、高速で2分、低速で1分泡立てる。

    工程写真
  • 3

    合わせてふるった粉類を加え、ゴムベラで切るように5回、底からすくって返すように1回、これを合計6回行う。

    工程写真
  • 4

    次に底からすくって返すのを15回。

    工程写真
  • 5

    ボールの側面に生地を薄く張り付けるようにゴムベラでくるっと一周伸ばしたらまたきれいに集めて、伸ばす。これを10回、ムラなく均一に行う。真ん中に生地が残りやすいので、真ん中の生地もムラなく伸ばすように。

    工程写真
  • 6

    生地をゴムベラですくって垂らしてみる。 ボタボタと途切れて落ちるようなら5をあと2回くらい追加。また垂らしてみて、途切れそうで途切れず細くなってもタラタラとつながって落ちるくらいの固さになるまで5を追加していく。 卵白の鮮度やメレンゲの状態にもよりますが、私の場合は大体12~14回くらいでちょうどよい固さになります。 コーヒーの油分で早めにダレた生地になりやすいので、やりすぎに注意してください。

    工程写真
  • 7

    1㎝の丸口金を付けた絞り袋に入れる。

    工程写真
  • 8

    天板に絞り出し(私は20枚に絞り出しています)、オーブンに入れて5分乾かす。オーブンのスイッチは切っておく。

    工程写真
  • 9

    天板をいったん取り出し、オーブンを160度に予熱する。 140度に設定しなおし、焼く12分焼く。 うちのオーブンの場合、140度12分では焼き色が強くつきすぎるので、140度3分半焼いたら上に天板1枚かませてさらに8分半焼き、そのまま余熱で5分放置しています。 焼時間、オーブン温度、余熱時間の設定は各オーブンでかなり異なるようです。何度か焼いてみて、焼き色や焼け具合から温度や時間を判断して調節していってください。 焼きあがったら、天板に乗せたまま冷ます。

    工程写真
  • 10

    ***バタークリーム*** 卵黄にグラニュー糖②を加えてすり混ぜる。 牛乳を鍋に入れ、沸騰直前まで加熱しておく。

    工程写真
  • 11

    温めた牛乳を卵黄のボールに少しずつ加え、よく混ぜてグラニュー糖を溶かす。

    工程写真
  • 12

    鍋に戻し入れ、弱火で混ぜながら加熱し、とろみをつける。 なべ底をこすってみて筋ができるくらいが目安。 サラサラのかなりゆる~いカスタードクリームのようなイメージです。冷ましておく。

    工程写真
  • 13

    12が冷めたら、バター(食塩不使用)を電子レンジ600wで30秒ほど温めて柔らかくし、冷ました12を少しずつ加えよく混ぜる。 12が熱いまま加えるとバターが溶けてドロドロになってしまうので気を付けて。 できたバタークリームのうちここでは半量のみ使います。残りのバタークリームはぴったりとラップで包んで冷凍保存が可能です。

    工程写真
  • 14

    半量のバタークリームにインスタントコーヒーを加えて混ぜる。うまく溶け切らなかったら少し電子レンジで温めてよく混ぜると溶けます。温めすぎに注意。 マカロンに絞り出してもう1枚で挟み、クリームが端っこギリギリまで来るように押さえる。(クリームがたっぷり入るように、マカロンの平らの方を少し押してへこませています。) 冷蔵庫で一晩寝かせてなじんだら出来上がり。

    工程写真
レシピID

406850

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

マカロン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

hoppe
Artist

hoppe

hoppe(ほっぺ) 大阪府出身、在住 2歳年上の主人と、男子3人の5人家族 元看護師(産婦人科、整形、脳外、内科などの勤務を経て高齢者のデイサービス勤務をしてきました。特に高齢者デイサービスは私にとって天職と思えるような充実した楽しい日々でした。) 昔から趣味はと聞かれれば「お菓子作り」と即答してきました!今も変わらずお菓子作りが趣味です。 私の初めてのお菓子作りは小学生のとき。 母が驚くことを期待しながら一人でレシピを見て作った型抜きクッキーでした。 仕事から帰った母の驚いた顔と美味しいと喜んだ顔は今でも忘れられません。 お菓子作りには幸せがいっぱい詰まっています♪ 買うのが当たり前だと思っていたケーキを自分で作れた喜び。 誰かのことを想ってレシピや材料を選んだり、出来上がりを想像しながら作るワクワクした時間、相手が手作りに驚いたり「美味しい!」と笑顔になる瞬間、オーブンからただよう甘い香りに包まれる時間やドキドキしながらオーブンを覗き込む時間、焼き立てを味わえるのも手作りならでは。 でも、日々のお料理とは違い、お菓子は必要不可欠なものではありません。 毎日のことではないので特別な日のケーキは買えばいいし、わざわざ材料や道具を揃えて、となるとハードルが高い物だと思います。 でも、特別なものだからこそ手作りすればさらに特別感は大きくなり、喜びも膨らむと思います。 そして、お菓子作りってやってみると意外と難しい物ではありません。 私は今までお菓子作りを通してたっくさんの幸せを感じてきました。 家族のために日常的にパンを焼くようになってからは友人を招いて、手作りのパンや料理、デザートをふるまっておもてなしをする楽しさも知りました。 この幸せな気持ちをたくさんの人に感じてもらいたい! 自分でケーキやパンを作れる喜びを知ってもらいたい! 安心、安全なお母さんの手作りおやつや焼きたてほわほわパンの優しさをたくさんのおうちに広めたい。 その思いがすごくすごく強くなったので、看護師を辞めてレシピをお伝えすることに力を注ぐことにしました。 日々のおやつだけでなくおもてなしや特別な日に作るお菓子レシピをメインに、大切な家族のために安心、安全にこだわって作る料理やパン、友人をまねくときのおもてなしランチのレシピも公開していきます。 私のレシピを信じて材料を揃えて時間をかけてくれる誰かの笑顔を想像して(*^^*)

「料理家」という働き方 Artist History