レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ラムレーズンスコーン

デザート

ラムレーズンスコーン
  • 投稿日2021/03/30

  • 調理時間15(作業時間のみ)

ケーキみたいにしっとりきめ細かくふわふわで、周りはサックサクかる~い食感のラムレーズンスコーン!!をご紹介したかったんですが、生地がとっても扱いづらく難しかったので、扱いやすい生地に調整してご紹介します♪ 工程の最後に、本来ご紹介したかった分量を書いていますので、お菓子作りに慣れている方はぜひ試してみてください。

材料直径5㎝の物4~5個分

  • A
    薄力粉
    100g
  • A
    砂糖(てんさい糖)
    15g
  • A
    0.8g
  • A
    ベーキングパウダー
    2.5g
  • バター(食塩不使用)
    35g
  • 全卵
    25g
  • 牛乳
    25g
  • レーズン
    50g
  • ラム酒
    10g
  • お好みでバニラ
    少量
  • お好みでシナモンパウダー
    少量

作り方

ポイント

生地は捏ねない、練らないようにするのがコツです。グルテンが出すぎないように材料を冷やして手早く生地を作ります。 ラムレーズンはラム酒を使いたくなければ熱湯で戻してもOKです。

  • レーズン、ラム酒を耐熱容器に入れ、電子レンジ600wで40秒ほど加熱してそこからひっくり返すように混ぜてお好みでバニラを加え冷ましておく。 A 薄力粉100g、砂糖(てんさい糖)15g、塩0.8g、ベーキングパウダー2.5gを合わせて冷凍庫で15分冷やす。 バター(食塩不使用)は1㎝角に切り使うまで冷蔵庫で冷やしておく。 全卵、牛乳も計量して冷やしておく。 オーブンを200℃に予熱する。

  • 1

    冷やしたA 薄力粉100g、砂糖(てんさい糖)15g、塩0.8g、ベーキングパウダー2.5gをフードプロセッサーで粉をふるうように数秒回し、バターを加えて15秒混ぜる。バターの塊がなくサラサラの状態になったら全卵と牛乳を加え粉気がなくなる程度まで混ぜる。生地はボロボロの状態でOK(混ぜすぎないように注意)

    工程写真
  • 2

    生地を取り出してぎゅっとまとめ、麺棒で1.5㎝くらいの厚みに伸ばす。

    工程写真
  • 3

    冷ましたラムレーズンの半量を載せ、お好みでシナモンパウダーを振る。 ラムレーズンを加えるとべたついてくるので、適宜打ち粉をしながら行ってください。

    工程写真
  • 4

    半分にカットして重ね、さらに半分にカットし、底面が上になるように重ねる。(上部にはレーズンが載っていない状態)

    工程写真
  • 5

    麺棒で再び伸ばし、残りのレーズンを載せ、半分にカットして2回重ねる。2回目は底面が上部になるように生地をひっくり返して重ねる。(レーズンが表面にたくさんあると焦げて苦くなるのでできるだけ内側にレーズンを入れるようにするためです)

    工程写真
  • 6

    麺棒で生地の厚みを1.5㎝に伸ばし、粉をつけた型(直径5㎝)で抜き、オーブン天板に乗せる。レーズンが邪魔するので、型はスパッと勢いよく押すようにするといいです。 200℃で10分、プラス180で5分焼く。

    工程写真
  • 7

    バターを増やし、厚み3㎝、直径4.5㎝の型で抜いたもの。 焼くと横に倒れてしまいました。 生地の厚みと型の大きさのバランスによっては型崩れしますので気を付けて!

    工程写真
  • 8

    バターを60g、ベーキングパウダーを3.0gまで増やして焼いたもの。 生地の厚み2㎝、直径4.5㎝。 周りは軽くサックサク、中はきめ細かくくちどけの良い、ケーキのようなふんわりしっとり感! ものすご~くおすすめで本当はこちらをレシピとしてご紹介したかったんですが、生地がべたつきやすく、ちょっと扱いづらいです。焼いている途中で、形が崩れやすい点もちょっと難しい。 慣れていて、生地を手早くあつかえる方、ぜひぜひ試してみてください♪ 焼きたてより冷めたころが最高です。

    工程写真
レシピID

410011

コメント

送信

関連キーワード

スコーン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

hoppe
Artist

hoppe

hoppe(ほっぺ) 大阪府出身、在住 2歳年上の主人と、男子3人の5人家族 元看護師(産婦人科、整形、脳外、内科などの勤務を経て高齢者のデイサービス勤務をしてきました。特に高齢者デイサービスは私にとって天職と思えるような充実した楽しい日々でした。) 昔から趣味はと聞かれれば「お菓子作り」と即答してきました!今も変わらずお菓子作りが趣味です。 私の初めてのお菓子作りは小学生のとき。 母が驚くことを期待しながら一人でレシピを見て作った型抜きクッキーでした。 仕事から帰った母の驚いた顔と美味しいと喜んだ顔は今でも忘れられません。 お菓子作りには幸せがいっぱい詰まっています♪ 買うのが当たり前だと思っていたケーキを自分で作れた喜び。 誰かのことを想ってレシピや材料を選んだり、出来上がりを想像しながら作るワクワクした時間、相手が手作りに驚いたり「美味しい!」と笑顔になる瞬間、オーブンからただよう甘い香りに包まれる時間やドキドキしながらオーブンを覗き込む時間、焼き立てを味わえるのも手作りならでは。 でも、日々のお料理とは違い、お菓子は必要不可欠なものではありません。 毎日のことではないので特別な日のケーキは買えばいいし、わざわざ材料や道具を揃えて、となるとハードルが高い物だと思います。 でも、特別なものだからこそ手作りすればさらに特別感は大きくなり、喜びも膨らむと思います。 そして、お菓子作りってやってみると意外と難しい物ではありません。 私は今までお菓子作りを通してたっくさんの幸せを感じてきました。 家族のために日常的にパンを焼くようになってからは友人を招いて、手作りのパンや料理、デザートをふるまっておもてなしをする楽しさも知りました。 この幸せな気持ちをたくさんの人に感じてもらいたい! 自分でケーキやパンを作れる喜びを知ってもらいたい! 安心、安全なお母さんの手作りおやつや焼きたてほわほわパンの優しさをたくさんのおうちに広めたい。 その思いがすごくすごく強くなったので、看護師を辞めてレシピをお伝えすることに力を注ぐことにしました。 日々のおやつだけでなくおもてなしや特別な日に作るお菓子レシピをメインに、大切な家族のために安心、安全にこだわって作る料理やパン、友人をまねくときのおもてなしランチのレシピも公開していきます。 私のレシピを信じて材料を揃えて時間をかけてくれる誰かの笑顔を想像して(*^^*)

「料理家」という働き方 Artist History