レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

シンプルおいしい 関東風雑煮

主食

シンプルおいしい 関東風雑煮
  • 投稿日2020/12/17

  • 調理時間20

シンプルで具材それぞれの美味しさがしっかり感じられるお雑煮です。 関東風と言えども、ご家庭によって入れる具材は様々なのでお好きな具材を加えてみて下さいね。 具材をシンプルにすることでお出汁の美味しさも際立ちます。 関東風は鶏肉が入っているところがポイント。もも肉を使ってコク感のあるお雑煮に仕上げます。

材料4人分

  • 鶏もも肉
    200g
  • にんじん(あれば金時にんじん)
    1/2本(60g)
  • しいたけ
    4枚
  • ほうれん草
    1/3束(80g)
  • かまぼこ
    1/2本
  • 切り餅
    4~8個
  • 昆布
    4g(6×6センチ 1枚)
  • かつお出汁パック
    1個
  • 600ml
  • A
    50ml
  • A
    みりん
    30ml
  • うす口醤油又は濃口醤油
    50ml
  • ゆず
    お好みで

作り方

ポイント

ひと手間ですが、ポイントは鶏肉の霜降り! 鶏もも肉は塩をもみ込んで少しおき、熱湯をかけることで臭みが抜け、出汁も濁らず美しく仕上がります。 もう少し具沢山にしたい場合は大根とごぼうがおすすめです。甘みと香りがプラスされて奥深い味わいに! 大根は短冊切りに、ごぼうはささがきにすると食べやすく、きれいに仕上がります。 味付けは 使われるお醤油によっても塩分量が違いますので、味見しながら加減してみてください。

  • 鍋に分量の水と昆布、かつお出汁パックを入れておきます。

    工程写真
  • 1

    沸騰した湯に塩少々(分量外)入れ、ほうれん草を茹でます。冷水に取って水気をしっかり絞ったら3cmの長さに切ります。

    工程写真
  • 2

    にんじん(あれば金時にんじん)は皮をむいて梅の形にむきます。 型で抜いても良いですし時間がない場合は短冊切りでも良いです。

    工程写真
  • 3

    しいたけは石づきを切り落とし、かさと軸に分けます。 かさは隠し包丁をして切り込みを入れます。軸は手で裂きます。

    工程写真
  • 4

    かまぼこは厚さ1cmくらいに切ります。 包丁に角度をつけて細かくジグザグに切ると日の出かまぼこになりますよ。

    工程写真
  • 5

    鶏もも肉は一口大に切ってボウルに入れ、塩ひとつまみ(分量外)をもみ込んで少し置き、熱湯をかけて霜降りをして余分な脂、臭みを除きます。

    工程写真
  • 6

    鍋に2、3、5とA 酒50ml、みりん30mlを入れて火にかけます。 沸騰したらアクを除き、火を弱火~中火に落として 蓋をしてコトコト10分程煮ます。 昆布、かつお出汁パックを取り出し、うす口醤油又は濃口醤油で味付けします。

    工程写真
  • 7

    切り餅はグリルで焼き色が付くまで焼きます。

    工程写真
  • 8

    お椀に焼いたお餅を入れ、6の具材とほうれん草、かまぼこを盛り付けて、汁をかけます。 お好みで薄く切ったゆずの皮を添えます。

    工程写真
レシピID

403228

「鶏もも肉」の基礎

「しいたけ」の基礎

「にんじん」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

がまざわ たかこ
Artist

がまざわ たかこ

料理家/郷土料理研究家/調理師 ホテルでの和食調理、保育園給食などに従事した経験から現在は 料理教室、レシピ開発、イベント講師、コラム執筆、小学校での食育授業など活動は多岐にわたる。 7年の旅行会社在勤中に目覚めた各地の料理や食文化の魅力にはまり郷土料理研究家の道へ。 作り続けたい定番の家庭料理や、地味だけどおいしい!な『心がほっこりするごはん』をモットーに身体も喜ぶ素朴なごはんを目指し活動している。

「料理家」という働き方 Artist History