レシピサイトNadia
    副菜

    ブロッコリーの味噌マヨグラタン【#ホワイトソース不要】

    • 投稿日2019/04/03

    • 更新日2019/04/03

    • 調理時間15

    お気に入り

    4137

    ブロッコリーって意外と使い切るのが大変...。茹でたり蒸したりして、サラダにすることが多いかな...。でも、いつもそれじゃ飽きちゃうし、1株ドドーンと消費できないかな...って考えて作ったのがこちら♡ ブロッコリーだけグラタン。笑 でも、グラタンといっても、面倒なホワイトソース作りは不要!! ブロッコリーをチンして、あとは味噌マヨソースとチーズをかけてトースターで焼くだけ(*´▽`*) ブロッコリーの優しい甘さと味噌マヨチーズの塩気とコクがめっちゃ合います!

    材料2人分

    • ブロッコリー
      1株(300g)
    • ベーコン
      2枚
    • ピザ用チーズ
      適量
    • A
      味噌、マヨネーズ
      各大さじ1
    • A
      みりん
      小さじ1
    • A
      にんにく
      チューブ1〜2cm
    • 塩・こしょう
      少々

    作り方

    ポイント

    ⚫︎ベーコンは、ウインナーでも代用可能ですし、なければ省いても構いません。 ⚫︎レンジが苦手な方は、お鍋にたっぷりのお湯を沸騰させて茹でてもOK! ⚫︎電子レンジ500wの方は、5分30秒。 ⚫︎電子レンジ700wの方は、3分40秒。 ⚫︎トースターは、220度を使用しました。 ⚫︎味噌は、合わせ味噌(日田醤油「こだわり味噌」)を使用しています♪

    • 1

      ブロッコリーは小房に分ける。ベーコンは、短冊切りにする。

      工程写真
    • 2

      耐熱容器に、ブロッコリーを入れて水大さじ1(分量外)をふり、ふんわりラップをする。電子レンジ600wで約4分30秒加熱する。

      工程写真
    • 3

      グラタン皿に2を入れ、塩・こしょうをふる。ベーコンを散らして、合わせたA 味噌、マヨネーズ各大さじ1、みりん小さじ1、にんにくチューブ1〜2cmをかけ、ピザ用チーズを乗せる。トースターで、チーズに焼き色がつくまで5分ほど焼く。(220度使用)

      工程写真
    レシピID

    374226

    質問

    作ってみた!

    レビュー(2件)
    • 249388
      249388

      2022/02/09 14:26

      家庭菜園で作ったブロッコリーとカリフラワーがあるので、両方入れて作ってみたんですが、どちらも美味しくいただきました。
    • 八木 一子
      八木 一子

      2019/04/04 12:08

      美味しそう

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「ブロッコリー」に関するレシピ

    「ブロッコリー」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    Yuu
    • Artist

    Yuu

    料理研究家・野菜ソムリエ

    • 野菜ソムリエ

    福岡県在住。 * 料理が楽しくなる”きっかけづくり” * 【やる気がなくても作りたくなる!】 【不器用でも忙しくて、やっぱり褒められたい!】 【幸せな家族時間を作りたい!】 そんな思いを叶えるレシピを目指しています。 得意分野は【季節の野菜・ヘルシー食材・節約食材を使った料理】。 ⚫︎やりたいことが多すぎて、料理に時間をかけていられない! ⚫︎育児に追われていて、ゆっくりキッチンに立つ時間がない! ⚫︎仕事と家庭の両立で、毎日時間に追われている! そんな方達の”時間と心にゆとりを作るお手伝い”ができたら嬉しいです♪ 好物は、あたりめ。 《著書》 ・Yuu*'s スピードおうちバル(光文社) ・Yuu*のゆる☆つくりおき(主婦と生活社) ・Yuuのラクうま♡ベストレシピ(扶桑社) ・Yuuのラクうま♡晩ごはん(扶桑社)←最新刊です 《お知らせ》 いつも、お気に入り登録やコメント、本当にありがとうございます! 励みになっております^^♪ 只今、業務多忙につき、数ヶ月の間コメントの返信をお休みさせて頂いておりますm(_ _)m しかし、質問などにはお答えしますし 頂いたコメントは全て目を通させていただきますので お気軽にコメントくださいね! これからも、どうぞよろしくお願い致します♡

    「料理家」という働き方 Artist History