レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

カリッとジュワッと【和風唐揚げ生姜醤油味】

主菜

カリッとジュワッと【和風唐揚げ生姜醤油味】
  • 投稿日2020/08/10

  • 調理時間45(漬け込み時間(30分)含みます)

【はずさない王道の味!失敗なし大成功レシピです‼︎】 鶏唐揚げの作り方は無限にあると思います。 私は唐揚げが大好きなので色々なパターンのレシピをあげてきましたが今回のテーマはずばり、 《省けるものは省く!でも絶対大事なコツはやっぱりはずせなかった‼︎》です。 今回の味は、しっかり生姜をきかせた和風しょうゆ味でビールは勿論、ごはんにもよく合う王道の味。 揚げたて、噛んだ瞬間カリッとして肉汁がジュワジュワに滴ります‼︎ 溢れるうま味と爽やかな生姜の香りが広がって、「あー!作ってよかったー!」って、額の汗拭いながらビールをグイッと! 今日もきっと、いい夜になります

材料2人分

  • 鶏モモ肉
    1枚(余分な皮と脂取り除き250g)
  • A
    酒、濃口醤油
    各 小さじ2
  • A
    和風顆粒だし(ほんだし)
    小さじ1
  • A
    おろししょうが
    小さじ2
  • A
    砂糖
    ひとつまみ
  • 薄力粉
    大さじ1
  • 片栗粉
    大さじ3
  • 揚げ油
    適量

作り方

ポイント

▼生姜が強くガツンときいた味がお好きな方は小さじ3がおすすめです。 ▼今回の鶏モモ肉はやや小さめですが、50g程度の差なら調味量は同量で問題ありません。大きいものだと350g〜のものもたまにありますので、100g以上多い時はほんの少し調味料の量を増やして調整してください。

  • 1

    鶏モモ肉は余分な皮と脂を切り取り4分割にする。 ※皮、脂共に残していただいて構いません。こちらでは肉からはみ出た部分のみ切っています。

    工程写真
  • 2

    丈夫なポリ袋にA 酒、濃口醤油各 小さじ2、和風顆粒だし(ほんだし)小さじ1、おろししょうが小さじ2、砂糖ひとつまみを入れて軽く揉んで混ぜ、1を入れてよく揉んで馴染ませる。 冷蔵庫で30分おく。

    工程写真
  • 3

    ポリ袋を開け、まず薄力粉を入れて空気を含み、口を手で閉じてシャカシャカ振る。ポリ袋の上から手のひらで抑えて馴染ませる。 ↓ 次に、片栗粉を入れてシャカシャカ振る。

  • 4

    もし鶏肉がクチャっと塊になっていたらちゃんと広げ、 170度の揚げ油で2分半〜3分揚げる。 網に上げ、3分待つ。(余熱で火を通します。) ※350g前後あるような大きな鶏モモの場合は3分〜3分半を目安にしてください。 ※鶏モモが泳ぐくらい、スペースに余裕を持って揚げます。

    工程写真
  • 5

    揚げ油を190度にし、50秒〜1分を目安に揚げる。 ※揚げたて直後、本当にあっつあつで肉汁がじゅわじゅわ溢れて火傷の危険ありです!揚げてから2〜3分ほど待ってお召し上がりください。

    工程写真
レシピID

396433

「鶏もも肉」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

唐揚げ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

おねこ
Artist

おねこ

呑兵衛料理家。 豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●冷蔵庫整理に目覚め、食品廃棄ゼロ2年10ヶ月達成!! ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社)

「料理家」という働き方 Artist History