レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

味と食感にやみつき♡【ぷりぷりエビのぷるぷる春雨炒め】

主菜

味と食感にやみつき♡【ぷりぷりエビのぷるぷる春雨炒め】
  • 投稿日2021/05/26

  • 調理時間20(下準備時間除く)

【食感自慢‼食べる手が止まらない主役級の美味しさです】 エビはぷりぷり。春雨はぷるぷる。きくらげはコリコリ。この食感でひと口ひと口が楽しい!肝心の味は「李錦記オイスターソース」ならではの濃厚なコクとうま味、広がる牡蠣の香りでもうこれやみつきです♡ 辛みなしでお子様もお召し上がりいただけると思いますが、しっかりとしたうま味でお酒にとっても合うので吞兵衛さんにもおすすめです!

材料2人分2~3人分

  • バナメイエビ
    20尾
  • 片栗粉
    小さじ2(工程1使用)
  • A
    小さじ2
  • A
    ふたつまみ
  • A
    マヨネーズ
    大さじ1
  • 片栗粉
    大さじ1(工程2使用)
  • 緑豆春雨
    60g
  • 熱湯
    200ml
  • B
    2個
  • B
    みりん
    小さじ2
  • B
    ふたつまみ
  • B
    ごま油
    小さじ1
  • ニラ
    1束
  • 長ねぎ
    1/2本
  • きくらげ(乾燥)
    5g
  • C
    李錦記オイスターソース
    大さじ2
  • C
    酒、みりん、醤油
    各 小さじ2
  • C
    おろしにんにく(チューブ)
    小さじ2
  • C
    おろししょうが(チューブ)
    小さじ2
  • C
    ごま油
    大さじ1
  • 白いりごま
    適量

作り方

ポイント

▼乾燥キクラゲ/緑豆春雨…細く/短くカットされたものを使用しています。カットされていないものをお使いになる場合、戻して柔らかくなってから細切り/食べやすい長さに切ってください。 ▼工程6…バナメイエビは火を通しすぎると硬くなりやすいため、焼きすぎないようお気を付けください。 #エスビー食品タイアップ

  • ・きくらげ(乾燥)…たっぷりの水(分量外)に20~30分浸して戻す。 ・ニラ…水洗いして5㎝ほどの長さに切る。 ・長ねぎ…斜め薄切りにする。

    工程写真
  • 1

    バナメイエビは殻をむき、背ワタを取り除いてボウルに入れる。 片栗粉を振りかけさっと混ぜ、水(分量外)を加えて優しく揉んで洗う。 水を入れ替えて数回すすぎ、ペーパータオルで水気をきる。

    工程写真
  • 2

    ボウルにエビを入れA 酒小さじ2、塩ふたつまみ、マヨネーズ大さじ1を揉み込み、3~5分程おく。片栗粉を加えて、さらに揉み込む。

    工程写真
  • 3

    緑豆春雨に熱湯をかけ、5分程おいてもどす。

    工程写真
  • 4

    ホットプレートにエビをひとつずつ並べて置き、中火にかけて焼く。 焼き色がついたらひっくり返し、裏面も焼いて一旦取り出す。 (こびりつきがあれば、水で湿らせたペーパータオルで拭き取る。)

    工程写真
  • 5

    ホットプレートに緑豆春雨(お湯ごと)、長ねぎ、きくらげ(乾燥)、混ぜ合わせたC 李錦記オイスターソース大さじ2、酒、みりん、醤油各 小さじ2、おろしにんにく(チューブ)小さじ2、おろししょうが(チューブ)小さじ2、ごま油大さじ1を入れ、緑豆春雨が水分を吸って茶色く色づくまで、適宜混ぜながら加熱する。

    工程写真
  • 6

    火加減を強火にし、ニラを加えてさっと炒める。 混ぜ合わせたB 卵2個、みりん小さじ2、塩ふたつまみ、ごま油小さじ1を一気に流し入れる。 卵のフチが固まり始めたら火を止め、全体を混ぜる。

    工程写真
  • 7

    エビを戻し入れ、白いりごまを散らして和える。

    工程写真
レシピID

412711

コメント

送信

関連キーワード

中華風おかず」「おつまみ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

おねこ
Artist

おねこ

呑兵衛料理家。 豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●冷蔵庫整理に目覚め、食品廃棄ゼロ2年10ヶ月達成!! ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社)

「料理家」という働き方 Artist History