レシピサイトNadia
    デザート

    鬼の金棒!?節分豆でつくるチョコバー

    • 投稿日2018/01/26

    • 更新日2018/01/26

    • 調理時間10(チョコを固める時間を除く)

    節分の豆を使って作る、チョコバー。 豆がガリッと香ばしく年の数以上に食べられてしまうかもしれません。

    材料作りやすい分量(18×12cmのバット1枚分)

    • 製菓用チョコレート
      120g
    • 節分の豆
      50g
    • むき甘栗
      50g
    • ドライフルーツ(レーズン、杏など)
      20g

    作り方

    ポイント

    ドライフルーツはお好みのものを入れてください。 ※乳幼児は食品をかみ砕く力や、飲み込む力が未発達なため、豆やナッツ類で窒息することがあり、節分の豆(炒り大豆)は5歳以下に食べさせないよう消費者庁が注意を促しています。

    • むき甘栗は1/4に切る。 ドライフルーツ(レーズン、杏など)も大きければ節分の豆の大きさに切る。

    • 1

      製菓用チョコレートを湯煎で溶かし、節分の豆、甘栗、ドライフルーツを入れて混ぜる。

      工程写真
    • 2

      バットにクッキングシートを敷き、1を入れる。ゴムベラで平らになるようにならす。

      工程写真
    • 3

      冷蔵庫で冷やし固め、固まったら食べやすい大きさに切る。

    レシピID

    234422

    質問

    作ってみた!

    こんな「スイーツ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「チョコレート」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    増田陽子
    • Artist

    増田陽子

    子どもの食育料理研究家・キッズ食育マスタートレーナー

    • 調理師
    • 野菜ソムリエ
    • 雑穀マイスター
    • 薬膳インストラクター
    • キッズ食育マスタートレーナー

    子どものスポーツを食から応援するスポーツキッズ食育トレーナー、 農林水産省認定「和食文化継承リーダー」。 子どもが喜ぶ料理、子どもと一緒に作れるお手伝い料理、季節を伝える料理をご紹介しています。 普段はレシピ制作、子どもの食育コラム執筆、子ども向け、大人向け、親子向け食育イベント・講座講師の他、東京にて子どもが料理をする、子どものための食育スクール青空キッチン板橋校を主宰しています。 ・・・・・・ 食は子どもにとって「成長」と「健康」のために必要ですが、それだけでなく生きていく上でたくさんの学びの要素があります。料理の一部をお手伝いするだけでも子どもは達成感を得られますし、好き嫌い克服ができたり、手先の器用さや想像力を育むこともできます。 毎日ごはんを作るのは大変です。でも、ごはんを作って子どもと一緒に季節を感じながら食べること、生活することを楽しみたい、そんな気持ちの一助になるようなレシピを提案していきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします^^ ・・・・・・・ ブログやHPでは、行事食や旬の素材を使った食育レシピを紹介するとともに、子どもの食育について、また食を通じて子育てを少し楽にするお手伝いができるように心がけて書いています。 よかったら読んでみてもらえると嬉しいです。

    「料理家」という働き方 Artist History