Nadia Artistのレシピ数:31,552レシピ

ずいき(芋茎)の下茹で

  • 2014.10.09

  • 120147
    ずいき(芋茎)の下茹で
    ずいき(芋茎)の下茹でずいき(芋茎)の下茹で

    コメント

    芋がらとも呼ばれる、ずいき(芋茎)。栄養豊富で、和え物や味噌汁の具、煮物などさまざまなお料理に使えますが、その前にアク抜きして下茹でしておくと便利です。

    材料(作りやすい分量)

    適量
    適量
    適量

    作り方

    1

    ずいきは、適当な長さに切る。

    2

    ずいきの端の方から包丁で皮をつまみ、そのまますーっと引っ張って皮をむいていく(フキの皮をむく時と同じ要領)。皮をむいたら、すぐさま酢水にはなつ。

    料理などにすぐ使う場合は、ここで4~5cm長さに切る。
    (※下茹で後に保存する場合は、茹でる時に使う鍋の大きさに合わせてなるべく長めに切っておく。)

    3

    鍋に水を煮立て、酢を加えたら、ずいきを入れて1~2分茹でる。
    菜箸でつまんで、やわらかくなればOK。
    冷水に取り、水気をしぼってざるにあげて冷ます。

    4

    1~2日程度ですぐに使い切ってしまう場合は、そのままタッパーなどに入れて。
    (※長期保存する場合は、酢水につけておくと色も綺麗に出ます。)
    また、下茹でしておけば冷凍保存も可能です。

    ポイント

    ◆とにかくアクが強いことで知られるずいきですが、最近食用として出回っているものはアクが少ないものも多いので、この方法で簡単に下茹でができます。アクが強く、皮をむくときに指先が変色するような場合は、先に茹でてからむいてもOK。(ただし、生の状態でむく方が皮は比較的むきやすいです。)
    ◆歯触り良く仕上がるように、茹ですぎには注意して下さい。

    このレシピのキーワード
    ヘルシー 野菜のおかず おふくろの味 シニア

    このレシピのコメントや感想を伝えよう!

    作ってみたお料理の写真をアップ

    似たレシピをキーワードからさがす

    関連記事

    ページの先頭へ

    最近見たレシピ