レシピサイトNadia

    ふわしゅわ!もっちり♡ コーヒーの生カップシフォン

    デザート

    ふわしゅわ!もっちり♡
コーヒーの生カップシフォン

    お気に入り

    92

    • 投稿日2022/11/23

    • 更新日2022/11/23

    • 調理時間20(作業時間)

    ふわしゅわもっちり♡グルテンフリーの 米粉のコーヒーカップシフォンです! これなら粗熱を取る時間も少なくて済み、 クリームをたっぷり堪能できます😍 クリームにも生地にもコーヒーを混ぜ込んでいるので ほろ苦く大人な味です。 コロンとした見た目もチャームポイント♡ ココアを振りかけてティラミス風に仕上げました♪

    材料6人分マフィン型6個取 1台分(グラシン紙8Fサイズ)

    • 卵白
      2個分
    • 砂糖(卵白用)
      20g
    • A
      卵黄
      2個分
    • A
      砂糖(卵黄用)
      10g
    • A
      植物油
      15g((米油、太白ごま油など))
    • B
      温めた牛乳
      20g
    • B
      インスタントコーヒー
      小さじ2
    • 製菓用米粉
      30g(薄力粉でもOK)
    • 生クリーム
      100ml
    • 砂糖
      小さじ2
    • C
      インスタントコーヒー
      小さじ1
    • C
      熱湯
      小さじ1
    • ココアパウダー
      適宜

    作り方

    ポイント

    シフォンのレシピですが、逆さにして粗熱を取る必要はありません! 粗熱が取れる目安は手で触っても熱くなくなったらでOKです!(意外とすぐ粗熱取れます◎)

    • B 温めた牛乳20g、インスタントコーヒー小さじ2を混ぜ合わせ、軽く粗熱を取っておく。 ・マフィン型にグラシン紙を敷いておく。 ・オーブンを170度に予熱する。

    • 1

      卵白と砂糖(卵白用)をハンドミキサーの高速で泡立てる。艶ができ、重くなってきたらハンドミキサーを低速にして1分、ゆっくりと混ぜる。卵黄生地を作るまで冷蔵庫で冷やしておく。

      工程写真
    • 2

      A 卵黄2個分、砂糖(卵黄用)10g、植物油15gを別のボウルに入れ、上から垂らしてあとが残る状態になるまでハンドミキサーで泡立てる。

      工程写真
    • 3

      粗熱を取ったB 温めた牛乳20g、インスタントコーヒー小さじ2を加えて混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 4

      製菓用米粉を加えてハンドミキサーで混ぜ合わせる。 跡が残り、もったりした状態になればOK。

      工程写真
    • 5

      卵黄生地に、卵白の1/3量を加え、均一になるように混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 6

      卵黄生地に残りの卵白を加えて泡立て器で泡を潰さないように優しく混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 7

      マフィンカップに生地を均等になるように入れ、トントンと型を数回叩きつけ、気泡を抜く。

      工程写真
    • 8

      170度に予熱したオーブンで20分焼く。

      工程写真
    • 9

      焼きあがったら、高い位置から型ごと落とし、空気を抜いて粗熱を取る。

      工程写真
    • 10

      粗熱を取っている間に中に入れるクリームを作る。生クリームに、砂糖を加えてハンドミキサーで8分立てになるまで泡立てる。

    • 11

      C インスタントコーヒー小さじ1、熱湯小さじ1を混ぜ合わせたものを加えて混ぜ合わせ、丸口金をセットした絞り袋に入れる。

      工程写真
    • 12

      粗熱が取れたシフォン生地に口金を押し当て、ゆっくりと中にクリームを絞る。

      工程写真
    • 13

      仕上げにココアパウダーをお好みで振り掛ける。

      工程写真
    レシピID

    448679

    「オーブン」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    春歩(はるほ)
    Artist

    春歩(はるほ)

    大学で栄養学を学ぶ20歳。 学生料理研究家🌷 ヘルシー!美味しい!作りやすい! 心ときめくようなスイーツレシピをメインに発信中💓

    プロフィールへ
    「料理家」という働き方 Artist History