レシピサイトNadia
    主菜

    PR:ヤマキ株式会社

    【揚げないチキン南蛮】レンジで簡単!こく旨かつおタルタル

    • 投稿日2024/05/01

    • 更新日2024/05/01

    • 調理時間15

    鶏肉はレンジで簡単ヘルシーに仕上げ、かつお風味のタルタルソースでうま味と満足度をアップさせたチキン南蛮です。 レンジでもお肉やわらかふっくら、タルタルソースもレンジ調理で簡単、時短に仕上げました。

    材料2人分

    • 鶏むね肉
      1枚(300g)
    • 2個
    • A
      大さじ1/2
    • A
      塩、こしょう
      各少々
    • A
      おろしにんにく、おろししょうが(チューブ)
      各2〜3cm
    • 片栗粉
      大さじ1
    • サラダ油
      小さじ1
    • B
      マヨネーズ
      大さじ3
    • B
      小さじ1
    • B
      砂糖
      ひとつまみ
    • B
      ヤマキ かつお節『氷熟®』マイルド削り
      1.5g
    • C
      ヤマキ めんつゆ(2倍濃縮)
      大さじ3
    • C
      酢、砂糖
      各大さじ1
    • 白いりごま
      小さじ1
    • 小ねぎ
      適量
    • ヤマキ かつお節『氷熟®』マイルド削り
      1.5g

    作り方

    ポイント

    ●工程2は卵の破裂を防ぐため、レンジ加熱前に黄身には必ず切り目を入れておきましょう。また卵のかたさはお好みで適宜調節してください。半熟が好みの方は1分程度加熱、その後は様子をみながら10秒ずつ追加加熱してください。 ●お使いの電子レンジによって多少加熱時間が異なります。工程5で鶏肉に火が通っていないようであれば10秒ずつ様子をみながら追加加熱してください。

    • 1

      鶏むね肉は数か所をフォークで刺し、縦半分に切ってから1.5cm幅のそぎ切りにする。ポリ袋に入れ、A 酒大さじ1/2、塩、こしょう各少々、おろしにんにく、おろししょうが(チューブ)各2〜3cmを加えてよく揉み込む。

      工程写真
    • 2

      耐熱容器に卵を割り入れ、かるく溶きほぐす。ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分20秒ほど加熱する。加熱が足りない場合は10秒ずつ追加で加熱する。加熱している間に、小ねぎは小口切りにする。

      工程写真
    • 3

      卵が好みのかたさになったら、フォークなどで細かくほぐす。粗熱が取れたらB マヨネーズ大さじ3、酢小さじ1、砂糖ひとつまみ、ヤマキ かつお節『氷熟®』マイルド削り1.5gを加えて混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 4

      別の耐熱容器に1の鶏肉を入れ、片栗粉をまぶす。全体にまんべんなく付いたら、サラダ油を加えてさっくり混ぜ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で2分加熱する。一旦取り出して上下を返し、再度ふんわりラップをかけて電子レンジ(600W)で1分30秒加熱する。

      工程写真
    • 5

      C ヤマキ めんつゆ(2倍濃縮)大さじ3、酢、砂糖各大さじ1を加えて全体によく混ぜ合わせ、ラップをせずに電子レンジ(600W)でたれがグツグツするくらいまで1分30秒〜2分加熱する。鶏肉に火が通ったら、白いりごまを加えて全体をよく混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 6

      器に5を盛りつけ、3のかつおタルタルソースをのせる。小ねぎを散らし、ヤマキ かつお節『氷熟®』マイルド削りをふりかける。

      工程写真
    レシピID

    479223

    質問

    作ってみた!

    「チキン南蛮」の基本レシピ・作り方

    こんな「チキン南蛮」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「鶏むね肉」の基礎

    「鶏肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    るみ
    • Artist

    るみ

    料理家

    料理家。愛知県在住。2児の母。 著書📕【るみのささっと和食】 2022年5月31日出版(ワン・パブリッシング) Instagram @ru.ru_rumi 身近な食材や調味料を使ったお手軽簡単な和食ご飯、時短料理、名古屋めしを中心に発信しています。 子供達も成人し、現在はフルタイムで働いているのでできるだけ早く簡単に作れるレシピが中心。 今までの経験から作る我が家の毎日食べても飽きない和食がメインな食卓を皆さまにお届けできたらと思います。

    「料理家」という働き方 Artist History