Nadia公式アプリ
お気に入り・ランキングがすべて無料

モロヘイヤのお浸し(モロヘイヤの茹で方)

5

2014.05.25

分類

調理時間: 5分

ID115483

柴田真希

管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪MaKitchen

【調理の基本】
アラビア語で「王様の野菜」という意味のモロヘイヤ。
栄養価が非常に高く、夏バテ改善や便秘予防などの様々な嬉しい効果が期待できます。
調理の基本、モロヘイヤの茹で方についてご説明します。

もう一品のおかず・小鉢 ヘルシー サラダ 汁もの・スープ 野菜のおかず 時短 おふくろの味 シニア

このレシピをブログで紹介する

材料(2~4人分)
モロヘイヤ 1袋
ひとつまみ
(A)だし汁 100cc
(A)かつお節 適量
(A)しょうゆ 少々
作り方
Point!
■包丁で刻んで、お浸しやごま和え、汁物などに。 ■ゆでて刻むとモロヘイヤの特徴であるネバネバが出てきます。 このネバネバ成分「ムチン」は消化器の粘膜を保護して消化不良や食欲不振を防ぎ、夏バテで疲れた胃のトラブルを予防します。
  1. モロヘイヤの葉を手でちぎる。
    (太い茎の付け根からちぎり、葉と太い茎に分ける。)
  2. 太い茎の下から1/4の硬い部分を包丁で切り落とし捨てる。
  3. 熱湯を用意し、塩を入れる。
  4. 最初に茎を入れて、40秒ゆでる。
  5. 40秒たったら葉を加え、箸で軽く沈ませさらに20秒ほどゆでる。
  6. ざるに上げ冷水にとり、手で絞ってしっかりと水気を切る。
  7. 【モロヘイヤのおひたし】
    刻んだモロヘイヤに(A)を和える。
  8. 【すぐに食べない場合】
    小分けにしてラップをし冷凍保存をする。
    *刻んでから保存すると調理の際にそのまま使えて便利です!
    保存期間:1か月
コメント Recipe Comment
コメントを書く

コメントをするにはログインが必要です

似たレシピをさがす Similar Recipe

ヘルシー×美肌・美容/簡単 (10) シニア×ベビーリーフ (7) 時短×かんたん (7) おふくろの味×黒砂糖 (3) もう一品のおかず・小鉢×麺類 (3) サラダ×黒豆 (3) 汁もの・スープ×麺類 (3) 野菜のおかず×麹 (3)
もっと見る

関連記事 article

おすすめトピックス Recommended Topics

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents