注目ワードドリア豆苗豚こま肉ちくわチャーハン

Nadia Artistのレシピ数:41,161レシピ

噛んで飲もう! ぶどうの抗酸化スムージー チアシード入り

  • 2016.10.23

  • 143854
  • 飲み物
    噛んで飲もう! ぶどうの抗酸化スムージー チアシード入り
    噛んで飲もう! ぶどうの抗酸化スムージー チアシード入り噛んで飲もう! ぶどうの抗酸化スムージー チアシード入り噛んで飲もう! ぶどうの抗酸化スムージー チアシード入り

    コメント

    ぶどうは皮ごと食べた方がヘルシー!
    でも…そのままでは皮は食べにくく、たくさんは食べられない…そんな皮の厚いぶどうだってスムージーにすることにより皮が気にならなりたっぷり食べられます。ぶどうの皮に含まれるポリフェノール類のフィトケミカル、レスベラトロールの抗酸化作用をしっかり摂取できるおいしいスムージーです。

    材料2人分(チアシードは15分ほど浸水すれば食べることは出来ますが、できれば前日の晩から水につけることをオススメします。(種子類の発芽毒は12時間以上浸水すれば無毒化することが出来るため。))

    2房(約450g)
    小さじ2

    作り方

    下準備

    チアシードは多めの水につけ戻し、茶こしで水をきる。(15分ほどでゲル化するが、理想は12時間以上つける)

    1

    ぶどうはよく洗い皮ごとミキサーに入れる。

    2

    ミキサーを1〜2分回し、グラスに注ぐ。
    ※ぶどうは水分が多いので、水は入れなくてOK。
    (ミキサーが回りにくい場合は少量の水を入れる。)
    ※日本のぶどうは甘いので糖類も入れなくてOK。

    3

    チアシードもグラスに入れ、ミントを飾る。

    ポイント

    ぶどうのレスベラトロールの効果で抗酸化!
    また、チアシードのプチプチ感がおいしい噛んで飲むタイプ。チアシードに含まれるグルコマンナンの効果で一杯飲んだだけでも腹持ちがよく、朝食に最適です。
    チアシードには不足しがちなオメガ3系のαリノレンを含み、血中脂質濃度を下げ、動脈硬化や心筋梗塞高血圧の予防、炎症防止効果なども期待できる。
    ぶどうが余ったら是非飲みたいヘルシースムージー!

    このレシピのコメントや感想を伝えよう!

    作ってみたお料理の写真をアップ

    「チアシード」に関するレシピ

    似たレシピをキーワードからさがす

    関連記事

    ページの先頭へ

    最近見たレシピ