レシピサイトNadia

    ツナほうれん炒め【韓国風&辛子マヨぽん】

    副菜

    ツナほうれん炒め【韓国風&辛子マヨぽん】

    お気に入り

    41

    • 投稿日2019/03/19

    • 調理時間10

    ツナ1缶とほうれん草一袋 1度で2種の作り置きおかずに! 炒めて味付け手早く完成~☆ ツナ缶まるごと使ってエコ&旨み増量です♪ ピリッとスパイシーな味付けで ほうれん草独特のアクを抑えます。 オムレツやビビンバにアレンジいろいろ お弁当にもすぐに使えて便利です!

    材料4人分

    • ほうれん草
      1パック(200)
    • ツナ缶
      1缶
    • A
      焼き肉のたれ
      小さじ1
    • A
      七味唐辛子
      ひとふり
    • B
      ポン酢
      小さじ1
    • B
      マヨネーズ
      小さじ1
    • B
      練りからし
      1~2㎝(チューブ)
    • 糸唐辛子、揉みのり、ごま
      適量
    • ローストクルミ
      適量

    作り方

    ポイント

    ・茎と葉を分けて炒めることで色よく仕上がります。 ・今回は【韓国風&辛子マヨぽん】にしましたが、その他にも組み合わせ無限大です! ・ほうれん草は灰汁が気になる方もいらっしゃるので、ピリッとした調味料と合わせるのがおススメです。 *マヨ味…マヨネーズと米酢と黒コショウ *ゆずぽん味…ポン酢と柚子胡椒 *中華風…鶏がらスープの素と花椒とごま *カレー味…カレー粉とウスターソース などなど、お好みに合わせておうちにあるものでおためしください。

    • ほうれん草は根元を十文字に切れ目を入れて水でよく洗う。 根元は3㎝長さにカットし、葉は縦にも横にも3㎝長さに切る。

    • 1

      フライパンにツナ缶を油ごと入れて中火にかけ、少しほぐしたらほうれん草の茎の部分を加えて全体に混ぜ合わせ、蓋をして1分ほど蒸し炒めにする。

    • 2

      蓋を取って全体にツナや油がなじむように混ぜながら水分を飛ばしていく。(1分ほど)

    • 3

      葉の部分を加えて混ぜながら炒めて、葉がしんなりしたら半量をバットに取り分ける。

    • 4

      フライパンにA 焼き肉のたれ小さじ1、七味唐辛子ひとふりを加えて全体にまぜあわせながらさっと炒めてお皿にとる。 バットに取り分けた分にはB ポン酢小さじ1、マヨネーズ小さじ1、練りからし1~2㎝を混ぜ合わせる。

    • 5

      韓国風には糸唐辛子、揉みのり、ごまなどを、 マヨポン味にはローストクルミなどをトッピングするとそれぞれ風味が増しておいしいです。

    レシピID

    373440

    「ほうれん草」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    ほうれん草」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ふじたかな
    Artist

    ふじたかな

    料理家/料理ブロガー/調理師 ・家庭料理技能検定準一級 ・コムラード オブ チーズ ・ナチュラルビューティースタイリスト 美味しい!にこだわった作りやすいレシピを発信中 旬の食材を使ってひとひねり、アイデアを利かせたアレンジレシピを提案させていただいてます。 自身のブログ“ふじたかな のいつも美味しい!もの探し” では食材の栄養についてのコラムなども解説しています。 https://www.fujikana.com/ 《料理の得意分野》 海外留学の経験を生かしたワールドワイドなアレンジと ファッションデザイン学から学んだスタイリングフォト、 小料理屋を営む母から培った基本の和食も得意。 【クックパッドでの活動】  クックパッド主催の新作レシピコンテスト 2016「手作りスイーツ」受賞 2017「グッドペアリング賞」受賞  クックパッドニュースにレシピ掲載  クックパッドマガジンにレシピ掲載  クックパッド作者懇親会に参加 【レシピブログ】 数々のモニターでレシピを考案させて頂いています。 (ハウス食品のスパイスモニター、サントリーモルツ、理研食品、デルソーレ、ブルドックソース、他)  くらしのアンテナ サイト でのレシピ掲載 【Snapdish】 数々のモニターでレシピを考案、スナップ投稿させて頂いています。 (キユーピー、ヤマサ、UCC、他)  「紅茶の時間フォトコンテスト」で「UCC上島珈琲賞」を受賞 【"今日もワイン部"】 キュレーターをさせて頂いています。

    「料理家」という働き方 Artist History