Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 鶏と大根のオイスター味噌煮込み。

    鶏と大根のオイスター味噌煮込み。 4分前

    167人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. むね肉de味噌漬けチキン【#作り置き#冷凍保存#マヨ不使用】

    むね肉de味噌漬けチキン【#作り置き#冷凍保存#マヨ不使用】 4分前

    151人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. レンジ&トースターで♪ブロッコリーポテトのガリバタチーズ焼き

    レンジ&トースターで♪ブロッコリーポテトのガリバタチーズ焼き 4分前

    108人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. とろとろ大根のうま塩煮【#作り置き #煮るだけ #やみつき】

    とろとろ大根のうま塩煮【#作り置き #煮るだけ #やみつき】 6分前

    276人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. ビニール袋で楽チン!ザクザク食感*ササミでクリスピーチキン

    ビニール袋で楽チン!ザクザク食感*ササミでクリスピーチキン 7分前

    127人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

フライパンでココナッツチキンカレー

15

2014.05.22

分類

調理時間: 15分

ID115515

西山京子/ちょりママ

ちょりママのレシピルーム

材料これだけ!
手順これだけ!
フライパンひとつで出来るココナッツミルクを使った超簡単な本格チキンカレーです。
鶏むね肉の脅威の柔らかさに驚きますよ~。
カレー粉だけなのに奥深い味がするテクニックは「乾煎り」!

アイデア料理 カレー 子供 ヘルシー 玉ねぎ 鶏胸肉 時短

このレシピをブログで紹介する

材料(2~3人分)
カレー粉 大さじ2
ココナッツミルク 265ml*~
野菜ジュース* 265ml*~
鶏むね肉 1枚
玉ねぎ 1個(200g)
薄力粉 大さじ2
グレープシードオイル(又は油) 大さじ4
にんにく(みじん切り) (大)1片分
しょうが(みじん切り) (大)1片分
小さじ1/2~
こしょう 少々
作り方
Point!
*カレー粉はフライパンからうっすら煙が出るまで乾煎りします。 *ココナッツミルクと野菜ジュースは同量が目安です。 *野菜ジュースは濃いタイプのものを使うのがオススメです。
  1. 鶏肉は小さめのひと口大に切り、塩、こしょうをして薄力粉と合わせてしっかりと衣をつける。
  2. カレー粉は油をひかないフライパンで、うっすらと煙がたつまで乾煎りする。
  3. 【2】にグレープシードオイル、にんにく、しょうがを入れて香りが立つまで炒め、玉ねぎ、塩をいれて炒める。
  4. 玉ねぎがしんなりしたら、【1】鶏肉を入れて表面の色が変わるまで(1~2分)炒める。
  5. 野菜ジュースを入れて弱めの中火で煮る。
  6. フツフツとしたらココナッツミルクを入れて、塩(小さじ1/2強~)、こしょうで味を調える。
    お好みでレッドペッパーやブラックペッパーで辛味をプラスする。
  7. ●メモ●
    野菜ジュースはこちらがオススメ!
    いろんな野菜が入ってる濃いタイプのものです。
    普通の野菜ジュースでもできますが、濃厚さが減ってあっさりとした味わいになります。
27 181
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】スイーツを作って適度に糖を摂る
    スイーツを作って適度に糖を摂る"適糖生活"を実践しよう この特集を読む
  2. PR 【PR】スクエアプレートでモダンな食卓を演出
    スクエアプレートでモダンな食卓を演出 この特集を読む
  3. PR 【PR】寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方
    寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方 この特集を読む
  4. PR 【PR】和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集!
    和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

ヘルシー×遠足 (13) 子供×熱中症 (11) 時短×さば水煮 (10) アイデア料理×シャーベット (6) 玉ねぎ×てりやき (4) カレー×麺類 (3) 鶏胸肉×鶏肉のソテー (3)
もっと見る

「カレー 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents