レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【レンジで作れる】ひなまつりの三色ミルクゼリー

デザート

【レンジで作れる】ひなまつりの三色ミルクゼリー
  • 投稿日2022/02/22

  • 調理時間15(冷蔵庫で冷やす時間は除く)

★【電子レンジでひなまつりのミルクゼリー作り】 三色のミルクゼリーはひなまつりの菱餅にもある赤・白・緑です。いちごと抹茶を使いました。 寒天は電子レンジにかけて混ぜるだけです。 ★【ひなまつりの三色の意味】 1番下は緑…草、健康 真ん中は白…雪 1番上は赤…桃の節句の桃、魔除け の順番です。

材料5人分容量200mlのグラス5個分

  • いちご
    1/2パック(150g)
  • 砂糖
    10g
  • A
    牛乳
    300ml
  • A
    砂糖
    20g
  • A
    かんてんクック顆粒
    小さじ2(2g)
  • 抹茶
    小さじ1
  • B
    牛乳
    300ml
  • B
    砂糖
    大さじ2
  • B
    かんてんクック顆粒
    小さじ1(1g)
  • C
    牛乳
    250ml
  • C
    砂糖
    大さじ2
  • C
    かんてんクック顆粒
    小さじ1(1g)

作り方

ポイント

★基本は牛乳で作るミルクゼリーです。 抹茶といちごで三色にしました。1度に牛乳のミルクゼリーを作って3等分すると全部固まってしまうので、必ず3回に分けて作ってください。 ★寒天濃度を変えて1番上はやや緩くしています。 ★かんてんクック顆粒は電子レンジで溶かしましたが、熱湯で溶かしても作れます。80度以上の熱湯を使っても作れます。 (熱湯に寒天を加えるとダマができることがあるのでご注意ください。) ★寒天なのですぐに固まりますが、冷蔵庫で冷やすといっそうおいしくなります。 #かんてんぱぱタイアップ

  • 今回使用した材料はこちらです。

    工程写真
  • 1

    【いちごソースを作る】 いちごはヘタを取ってみじん切りにする。 耐熱容器にいちご、砂糖を入れ、ラップをして電子レンジ(600W)で2分加熱する。ざるでこしてペースト状にする。

    工程写真
  • 2

    【抹茶ゼリーを作る】 別の耐熱容器にA 牛乳300ml、砂糖20g、かんてんクック顆粒小さじ2を合わせて泡立て器でかき混ぜ、電子レンジ(600W)で2分加熱する。 ※ふきこぼれ防止のため、大きめの容器にしてください。

    工程写真
  • 3

    取り出して約30秒かき混ぜ、湯小さじ2(分量外)で溶いた抹茶を加えてさっくり混ぜる。グラスに均等に注ぎ入れ、冷蔵庫で10分冷やす。

    工程写真
  • 4

    【ミルクゼリーを作る】 別の耐熱容器にB 牛乳300ml、砂糖大さじ2、かんてんクック顆粒小さじ1を入れて混ぜ、電子レンジ(600W)で2分加熱する。取り出したら30秒混ぜ、冷やした抹茶ゼリーの上に均等に注ぎ入れ、冷蔵庫で10分冷やす。

    工程写真
  • 5

    【いちごゼリーを作る】 別の耐熱容器にC 牛乳250ml、砂糖大さじ2、かんてんクック顆粒小さじ1を入れて混ぜ、電子レンジ(600W)で2分加熱する。取り出したら1のいちごソースを加えて30秒混ぜ、冷やしたミルクゼリーの上に均等に注ぎ入れ、冷蔵庫で10分冷やす。

    工程写真
レシピID

429913

コメント

送信

関連キーワード

手作りおやつ」「寒天ゼリー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

道添明子〈あーぴん〉
Artist

道添明子〈あーぴん〉

料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

伊那食品工業株式会社レシピ
「料理家」という働き方 Artist History