レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ホームベーカリーでカリっともちもちベーグル!手ごねでも◎!

主食

ホームベーカリーでカリっともちもちベーグル!手ごねでも◎!
  • 投稿日2021/02/19

  • 調理時間150(発酵時間含)

間に挟むフィリング次第で色々な味を楽しむことができるので、友達がおうちに遊びに来た際にはパーティー感覚で楽しむこともできます。朝食には卵やサラダを挟んで、おやつの時間にはチョコレートやチーズ等を挟んでお召し上がりください。

材料4人分8個分

  • 強力粉
    280g
  • 砂糖
    25g
  • 5g
  • ドライイースト
    3g
  • 180g
  • 無塩バター
    30g
  • クリームチーズ
    240g
  • ブルーベリージャム
    40g

作り方

ポイント

成形をする際の生地は縮みやすいので、15cmの棒状にした時点で生地を一度休ませましょう。綺麗な円状にするには長さも必要なので、30㎝まで必ず伸ばしてください。

  • 全ての材料を計量する。 無塩バターは常温に戻す。 クッキングシートを15㎝角にカットする。

  • 1

    ホームベーカリーに強力粉・砂糖・塩・ドライイースト・水・無塩バターを入れ一次発酵まで行う(手ごねの場合はすべての材料を入れ10分間程度捏ね、60分間の27度前後の場所で発酵を取る)

    工程写真
  • 2

    生地のチェックをする。生地を伸ばした際に薄い膜ができればOK

    工程写真
  • 3

    一次発酵まで終わった打ち粉(分量外)をした台の上(まな板等)に生地を出し、1個60gに分割をする。

    工程写真
  • 4

    分割した生地の端を中心に寄せるようにして軽めに丸める。

    工程写真
  • 5

    軽く丸めた生地にビニール等をかけ、20分間休ませる(置いておく)

    工程写真
  • 6

    20分後、生地を平らになるように叩き折りたたんで15㎝程の棒状にする。すべての生地を棒状にしたら10分間休ませる。

    工程写真
  • 7

    10分後、手のひらを転がしながら横にスライドさせ30㎝程度まで伸ばす。

    工程写真
  • 8

    伸ばした生地の片方の端を親指でつぶし、生地を円状にする。先ほど親指でつぶした端でもう片方を包んで端と端をつなげる。

    工程写真
  • 9

    円状にした生地を正方形(15cm角)に切ったクッキングシートの上にのせ、天板にのせる。二次発酵を60分間取る(30度前後の場所)

    工程写真
  • 10

    発酵後、沸騰したお湯に発酵した生地をゆっくりと入れ片面30秒づつ茹でる。(クッキングシートのまま)

    工程写真
  • 11

    茹でたものを天板に戻しオーブンで200度15分焼く(予熱あり)

    工程写真
  • 12

    焼き上がり後、ベーグルが冷えたら横半分にカットをし、片方にクリームチーズ30g、ブルーベリージャム5gを塗り、残りの片方を上からのせたら完成!

    工程写真
レシピID

405687

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ベーグル」「パン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

大野有里奈
Artist

大野有里奈

◼︎経歴 パン職人歴7年 (日本5年間 フランス2年間) 2011-2015年 株式会社ドンク/日本(大阪) 製造勤務 仕込み~焼成までパン作りの基本を学ぶ 2015-2017年 単身フランスへ グルニエアパン/フランス(パリ) 製造勤務 ハード系の基本とフランスの食文化を学ぶ 2018年〜 ・年に50件以上のパン屋さんを取材し執筆を行う(業界紙として発行) ・メーカー様の広告等作成(業界紙として発行) ・子育て、家庭でのパン作り発信を行う ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◼︎パン作りに対する想い 私自身がパン作りを通して様々な事を学び、何気ない日常の中に手作りのパンがある豊かさを知りました。私が感じたいつもよりちょっと豊かな日常をひとりでも多くの人にお届けできたらと思います。 "パン作りをしてみたい""興味はあるけど大変そうだし難しいそう"そんな風に足踏みをしている方の背中を押せるような存在になりたいと思っています。

「料理家」という働き方 Artist History